自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産後にクレジットカード収得しました。
久しくブログも放置状態となっており、申し訳ございません。
今回は、自己破産後にクレジットカードを収得しましたので、ご報告したいと思い書き込みました。

先に、自己破産後の数年は、クレジットカードは持てないと、このブログでも、自己破産のデメリットとしてお書きしておりましたが、6~8年をめどに、ブラックも消え、クレジットカードも持てると案内してまいりました。

しかし、二度と借金生活に陥らないためにも、そうしたクレジット等は利用せず、気を付けて、生活していきましょうとも案内してきました。

事実、私も、自己破産後は、金銭には十分に気を付けて、カード類は使用せず、平穏に生活を送ってまいりましたので、クレジットカードを収得する手続き等は一切しておりませんでしたので、実際にクレジットカードが持てるという証明はなにもご案内しておりませんでした。

ブログを書き始め、振り返るとはや10年。あっという間でした。

この度、
【続きを読む】
スポンサーサイト
自己破産とは、生活のやり直しへのキッカケ!
自己破産は、返済が困難になった借金をなくし、生活をやり直すためのキッカケとなるものです。

よく、コメントなどでも、デメリットのことを聞かれたりします。

でも、実際には、デメリット以上に、日々の生活が借金の返済に追われ、苦しい毎日を過ごされているのが、多重債務者の現実かと思います。

生活が圧迫されるような返済状況では、大変です。月日がすぎれば過ぎるほど、返済がより困難になり、大変さは増すばかりです。
自己破産の相談。体験記
自己破産に関わらず、借金に困った場合は、まず誰かに相談しましょう。
誰に相談するかは、私の体験では、公的な機関である弁護士会館がお勧めです。

弁護士会館は、弁護士の紹介をしてくれます。弁護士は、自己破産や借金の相談にのってくれます。
無料で相談できる「無料相談日」等もあったりします。
まず、相談してみることです。自分が、自己破産しなければいけない状態なのか、他になにか解決策があるのか等、アドバイスがもらえます。

弁護士に自己破産の相談に行ったからといって、依頼しなければいけないわけではありません。
話をするだけでもいいんです。
自己破産の相談は誰にするのがべすとか・・・弁護士?
自己破産の相談を弁護士や司法書士や行政書士等、いったい誰に相談するのがいいですか?と質問を頂くことがあります。値段や、依頼のしやすさとか、それぞれ違うのですが、私は弁護士がベストだと思います。

理由は、自己破産の場合、弁護士なら全ての事を任せられるからです。

私は自分で自己破産の裁判手続きをしました。その分費用は4万円程で済んだのですが、体験記で書いたように大変な出来事がいろいろあり、困りました。

どうにか無事、自己破産の手続きは全てを完了できましたが、専門家に依頼しておけばよかったなと言う思いは正直あります。

そこで、自己破産の相談は、弁護士に依頼するのが、他の司法書士や行政書士よりいいと思うのは、先に書いたように、全てを任せられるということですが、それは次のような意味があります。
借金の悩みを相談し、債務整理、自己破産等の解決へ
借金がたまり、返済に困る。自己破産しそう。どうしようかと思う。他から借りて、返済にあてる(自転車操業)。アルバイトなど仕事、収入を増やす。でも、ちょっと収入が増えても、あちらこちらから借りても、もうどうやっても返済が困難な状況になる。

やはり自己破産してしまう。こんなな状態をどうすればいいのか悩む。いわゆる、多重債務状態。
自己破産しないため、銀行や消費者金融にも、返済額を減額してもらう。でも、それでもどうしようもない。

「もう、返済が追いつかない。。。」

借金に悩まれている方の多くが、こうした状態に追い込まれいます。そして、ひとりで悩まれている方が、ほとんどです。

私も同じ状況でした。わたしの場合、直接銀行、消費者金融に足を運び、窓口で返済額を減額してもらえるよう頼みました。また、当面の返済を補うため、新たな貸付の限度額を増やしてもらえるよう頼みました。でも、8社近く足を運んだすべての金融機関に断られました。

さらに、仕事のほかに、夜間や、休日にアルバイトもしました。でも結局、返済に首がまわるようにはなりませんでした。
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。