自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産それとも任意整理
借金返済に困窮した時、任意整理するか自己破産するかで悩む場合もあると思います。もちろん、どうにかがんばって自力で返済を続けることができるにこしたことはありませんが、止むを得ない場合もあることと思います。そこで他力(法的に)で考えることがあると思うのですが、私なりに、自己破産した経験からその手段の選択について思うことを書きたいと思います・・・
【続きを読む】
スポンサーサイト
法律相談について考える。
法律相談っていうと、いざ自分の身の振り方を決めてから相談に行く人が多いようです。

例えば、

「返済は難しい。いろいろ調べてみたら私には任意整理が妥当だ。弁護士に任意整理の相談に行こう・・・」

という感じです。

で、それはいいんです。

私が考えるのは、相談に行かない人のことです。

例えば「返済は難しい。いろいろ調べてみたら、私には自己破産が妥当だ。でも、ギャンブルで借金したから、免責不許可事由に当たるから無理だ。自殺しかない?」

と、あきらめモードに入ってしまう人が、当ブログの質問者の中にも現にいらっしゃいます。
借金が300万・無職35歳。
ご質問(コメント)を頂きましたので、紹介します。

2006/07/04(火) 22:17あつゆきさんより

「債務整理について質問いたします。
私自身、借金が300万(リストラされ生活や病気治療に使用)あります。
現在も無職35歳で就職活動してます。また、病気が長引いて無資産・無収入なったため、友人宅に住まわせていただきてる恥ずかしい身分です。
現在は病気は完治しました。
自己破産するにも弁護士に頼む費用すらなく、法律幇助も返済するあてない為、電話しても無駄かと考えています。
こんな私自身に、何かできる債務整理ないでしょうか?
毎日のように取立が訪問して来て、お金ないので毎日のように口喧嘩みたいな事してます。
これでは就職活動まともにできるわけなく、支援してくれる友人に恩返しできなく情けないばかりです。
やはり、命を絶つしかないのでしょうか?」
債務整理の方法。その2
前記事の続きです。

③個人民事再生手続きは、
 返済できる分、出来ない分を分けて処理します。3年をめどに返せる金額を割り出して、返済計画をたて返済していきます。返済しきれない分は免除になります。メリットは住宅などの資産を維持できる。
一般的に手続きは難しいといわれるので、弁護士・司法書士に依頼するのが一般的。もちろん費用は高額。

④自己破産・免責手続きは、
借金を全額免除するものです。債務者の負担を無くし、経済的な再出発が出来る制度です。本来は返済不能になった債務者に対し、返済を受けられない債権者のため、債務者の財産を処分して、債権者に平等に分配するのがその趣旨であったようですが、・・・
債務整理の方法。その1
債務整理や自己破産など、専門家に依頼したり、自分でしたり、それらにはいくつもやり方の違う方法があります。

今日は、それら借金の処理について、簡単にまとめて見たいと思います。

まず、任意整理や自己破産は、いわゆる債務整理といわれるもののひとつの方法です。その債務整理は、次の4つの意味(方法)があります。

【債務整理】
①特定調停
②任意整理
③個人民事再生手続き
④自己破産・免責手続き

これらをごく簡単に説明すると(細かなことはあえて省いて説明します。)・・・

copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。