自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転機7-1
「離婚・自己破産からの再出発」へのご訪問有難うございます。

前に、そろそろバイトを始めないとと書いたのですが、今月中に始めることにしました。今日早速パートの募集に応募のTELをしました。2件応募したのですが、そのひとつが明日面接です。一発で採用がきまるといいのですが・・・

またご報告します。

では、体験記の(続き)です。

そのタイトルは・・・

「だから、あなたも生きぬいて」

です。当時ベストセラーになった本ですので、ご存知の方も多いかと思
います・・・
【続きを読む】
スポンサーサイト
ひとりぼっち6-2
今日も「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

(つづき)です。

この頃。自己破産免責申し立て後で、督促、訴訟、強制執行やヤミ金からのダイレクトメール等を受け取っていた頃・・・
 
毎月供託所へ5-4
今日も「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

ほんとに毎日、曇りのち雨続きです。昨日の火事現場は見に行ったのですが、わかりませんでした。ぼやだったのかも?

では、つづきです。それから、毎月給料差し押さえのため、供託所にいくことになりました・・・
自分で自分を強制執行する5-3
(つづき)

それで首はつながったのですが、どういう訳か、自分の給料の差し押さえの処理手続きを、自分自身ですることとなったのです。自分で自分に強制執行することになったのです。

つまりどういうことかといいますと・・・
強制執行5-2
今日家のすぐ近くで火事がありました。

「なんだか臭い?」と思っていたら、それは火事だったのです。

後で見に行って見ます。

では、体験記のつづき。今日は給料が差し押さえされ、本社の取締役に呼ばれたところからです・・・ 
給料差し押さえ5-1
今日も「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

今日は朝一で病院に採血に行きました。
高脂血症なんです。
今回はよくなってるはず?なのですが。結果は週末です。

では体験記のつづきです。給料が差し押さえられました。
どうなったかというと・・・
訴訟される。4-8
今日も「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

今日は少し太陽が出ています。
今日は犬の散歩に行けそうです。
では(つづき)です。
先生がいないので、後日もう一度連絡を取ることにしました。
ところが、翌日ポストには別の・・・
督促される。4-7
今日も「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

  今月は日照時間が少ないそうですね。よく曇ってます。全国の皆さん、そちらはどうですか?もう梅雨がきますね。

洗濯ものは乾かないし、愛犬(ビーグル)の散歩は行かれないし(雨の日は行きません)、太るし、嫌ですねぇ。

では体験記の続きです
借金返済と借り換え。
私は自己破産前に自分で債権者に面会しに行き、債務整理の交渉をしたり、借金を減額する手段をいろいろ試しました。結果的には時すでに遅しで、破綻しましたが、まだ自己破産までには至らない方には、十分有効であるいくつかの返済方法がありますので、紹介してゆきたいと思います・・・
増えてゆく取立てが 4-6
いつも「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問いただきありがとうございます。

このブログを立ち上げたのが、5月3日。やり方も良くわからず、手探り状態で本日までやってまいりました。あれから19日目の今日、 「FC2ブログサイト」の(債務・借金ランキング)

なんと   「1位」   になりました。

本人もびっくりです・・・
審尋終了 4-5
今日もご訪問ありがとうございます。



 では4-4からの(つづき)です。



 それで、なぜかというと、やはり、個人の経済的負担を一度きれいにリセットして再出発させるんだということを何よりも重視してるからです。自殺者もでるような問題ですから、経済的問題より、人間そのものを守ろう、優先しようと考えているからなんですね。言い換えれば、個人のこうした保護は、法律の全体の中で生きていて、その中心は何より個人の尊重があるということです。


判事は阿久津真矢だった。4-4
いつもご訪問ありがとうございます

 私、現在は国家試験の勉強中なのですが、貯金がだいぶ減ってきてしまい、これは少し働かなくてはいけない状況、ということになってまいりました。

 ということで、今バイト探しに奮闘中です。

 では、前回の(続き)からですが、裁判所に行く前に、弁護士さんから、「今の判事は女で、クールで怖いから、びびらないように。がんばって。」とアドバイスを貰いました。

 弁護士さん、いつも相談、アドバイスを電話で対応してくれました。もちろん無料で。ほんといい弁護士さん。感謝・・・
十数回の取立て電話4-3
 ここのところ、記事内容がすっっかり重い内容になってしまいました。深夜に記事を書くと、まるで何かに取り付かれたかのように・・・、熱が入って書いています・・・
また電話がくる。4-2
新たにFC2ブログランキング(法律・法学) で「2位」、(借金・債務)で3位になりました。皆さん応援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

今日はちょっと長くなってしまいました。どうぞお付き合い下さい。

 (つづき)
 ○○銀行から電話のあった数日後、今度は誰もが知っている大手消費者金融から、またもや会社に電話がきました。シャレになりませんほんとに。さすがに今度は、内線で事務所の別室につなぎ直して、話をしました。内容は、少しでも返せということでした。

 なぜ自己破産の申し立てをしたのに、こうも電話がきたり、催促されたりするのか?それは、どうも私が自分で自己破産の申し立てをしたので、弁護士に依頼をしてないことをいいことに、債権者者がつけこんできたということのようです・・・
会社へ電話がくる。4-1
この度FC2ブログランキング(法律・法学) で「2位」になりました。少しづついろんなランキングサイトが上昇してて、励みになります。皆さんのおかげです。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

第3章破産と離婚「自己破産を上司に報告 3-2」からの続きです。

 自己破産の手続きに必要な全ての書類を脇に抱えて裁判所に行き、窓口(破産課)で提出し申し立てを済ませました。裁判所はなんとなく無機質的で廊下では人が行き来しているのですが、しーんと静まり返ったような、暗い雰囲気が漂っています。窓口の係りの人は、これまたロボットのような対応です。

 まあある意味こちらとしても、破産の手続きなので、責められても困るし、だからといって「大変だったねえ」などと励まされても困るわけで、まあこんな無機質的なやりとりでよかったかと思いました。ただ他に手続きをしていた人はみな弁護士か司法書士の人達でした・・・
友人 3-4
お待たせしました。それでは、「離婚届3-3」からの(つづき)

     そしたら友達が怒り出してこう言った。「毎日節約をして、こつこつそのお金ためている人だっているんだよ。自己破産で借金がチャラになるからどうでもいいような言い方していいのか。」って・・・
自己破産のメリット・デメリット
私は自己破産時、借金は600万近くありました。内訳は、 ・大手銀行2社 ・大手消費者金融5社 ・クレジットカード3社 ・信販系2社 程でした。返済額は毎月約20万前後だったと思います。給料の手取りが26~27万程でした。滞納は過去一度もありませんでした。自転車操業の繰り返しです。生活費を除くと手元にお金が残らず、いや足りない状況でした。もうどこからも借りれず、あとはヤミ金しかないと思いました。この時点で、自己破産しました。ちょうど年末でした・・・
離婚届け 3-3
(つづき)
   取立てがきたのだけれども、その話は次章(第四章取立て)で書くことにします。今日は少し、離婚した時のことを書きます。

 自己破産を申し立てたこの頃、同時に離婚届を役所へ出し、引越しをした。

4年間の円満だった家庭も崩壊。

二人の子供は妻が連れて行った・・・
自己破産を上司に報告 3-2
(つづき)
 これから自己破産の手続きを一人しなきゃならない。まず、裁判所に書類をもらいに行っって、必要な資料を集めないといけない。

借金をいつから借りたとかいくら借りたとか、どこで借りているかとか、何のために借りたのかとかを書き込んだりとか銀行通帳のコピーだとか、山ほどやることがある・・・
自分で自己破産 3-1
 自分で自己破産の手続きをしようとは思ったが、自信がない。前述した「自己破産と借金整理法:宇都宮健児(著)」(著の本の中に、弁護士との連絡方法が書かれていたので、弁護士に一度あって聞いて見ることにした。まずは各都道府県に弁護士会館があるので、そこへ足を運んだ。相談内容を話すと、弁護士を紹介してくれたので、不安をいっぱいかかえたまま後日会いに行った・・・
悔し涙 2-3 
 それは、父が保証人として信用審査に引っかかっていたのが原因だった。

実家は商売をやっていて、借金もあるから問題だったようだ。ショックだった・・・
法的な救済方法2-1
 やっと見つけた方法というのは、法的な解決手段でした。

 ある日書店で、多重債務に関する本がないか探していた私は、一冊のそれを見つけました・・・
借金に困窮 1-1
借金の始まりは23歳のころでした。返済不能になったのは29歳です。

始めは5万円程を大手消費者金融から借り、その後、ちょっと手持ちのお金が不足した時に財布代わりに借りることが増えました。

ちょっと借りては返済して、困ったら気軽にまた借りるを繰り返すようになりました・・・
はじめに
ようこそ「自己破産からの再出発」へ。

ご訪問頂きありがとうございます。

このブログは、私の借金による自己破産の体験記です。



私は20代の前半より多重債務を抱え、約8年間も借金返済に努めました。

しかし借金は返しても返してもどんどん増えつづけ、気がつけば増えた借金は約600万円にもなりました。

その利息も含めた返済金額は1000万円を超えるまでにもなりました。

20代で、中小企業のサラリーマンだった私は、仕事とアルバイトの二束のわらじで返済に努めましたが、返済しきれませんでした。

「こんなはずじゃあなかった。」

そう思いました。

自業自得です。

しかし、私は自己破産を自分でやり、8ヶ月の裁判を乗り切り、そして人生をやり直しました。

長い借金生活から抜け出した私は、貯金をして、新しい生活を始めました。

あれから5年。

今は平凡な日常を送っています。

あの約8年間の借金返済の生活が、今はもう過去のことです。

自己破産で免責を受けた日から、私は自由にお金を貯めて、そしてまたそれを自由に使うことができるようになりました。

つまり、その日から、普通の生活(借金のない生活)に戻ることができたのです。

人生のやり直しができたのです。


 そこで、今借金をしている人に、自分の体験が多少でも何か役に立つことがあればと思いブログにしてみることにしました。

私もいろいろありましたが、結果的に、やり直すことができた自分の経験を当時のことを思い出しながら書いていこうと思っています。


どうぞお付き合い下さい。よろしくお願いします。
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。