自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレーゾーン問題を考える3~過剰貸付
グレーゾーン問題を考えると題して、本日3回目は、その問題提起の視点を①借りられるか?借りられなくなるか?に向けて、金融業界の方面から考えてみようと思います。

グレゾーンが廃止され、金利が引き下げられれば、貸し渋りが生じるとされながらも、日本弁護士連合会は過去の結果より問題はないとして相対しています。

その貸し渋りは、4人に1人まで減少するとされています。金融業界としてはピンチですし、借りても困惑することでしょう。

例えば、金融業界をの大手1社を1つの家庭とみなすなら、今までは、大きな収入がありお金持ちでした。

大きな家に住み、お手伝いさんがいて、家族も大勢いて当然各自に部屋があり、車がありと豪勢な生活があったわけです。

ところが、その収入源が来年から大きく減らされることになり、それは国からの政策であり、どうしようもないこと。

じゃあどうしようかってんで、家庭内で節約することになる。早速お手伝いさんをカットして、車は2人共同しようで1台に。家も引越し、家族は川の字で寝る生活へと一変。

こんな家族が大きなリスクを背負うことなどで来ません。

リスクの無いところから、収入を見出すしかない。

これは、結果的に過剰貸付を生じさせてしまうのではないか?

この点について、次のような論証がでています。
【続きを読む】
スポンサーサイト
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。