自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産と消費者保護。
 自己破産を考えている人の多くは、その多重債務の現状に苦しみ悩んでいることと思います。消費者保護といえば、被害者づらするなと声が返ってくることもありますが、それは違います。破産予備軍と呼ばれる多重債務者は現在全国に200万人以上いるといわれ手います

その多くはサラ金等の過剰な利益追求の犠牲者です。個人には人としての尊厳があります。経済的な苦しみ背負った人を追い詰め、人としての尊厳すら奪うような行為のもと、過酷な取立てに怯え支払いを続けている人がいます。その反面でサラ業者は膨大な利益を得ています。

誰にも人間らしく生きる権利があります。やり直しができます。自己破産もそんな再チャレンジの一つの手段です。多くの苦しんでいる人が笑える生活を取り戻すことができる日を願っています。また、消費者保護扱う、またそうした問題に向かい合う多くの支援者がいます。少しでもはやく、「相談」する行動を取ってください。応援します。
スポンサーサイト
異常な金融社会
 日本の金融、特にサラ金(消費者金融)等の金融社会は、欧米などのその金融社会のあり方と比べると、かなりの違いがあります。前もって悪質な金融業者もあれば、「優良」な金融業者もあるということはお断りしておきます。

 例えば、「取立て」についてです。まずはじめに、返す責任に対する道徳という問題は当然にあることを前提としたうえでお話します。日本では、強引な取立て行為がよく行われていることは、テレビなどでの報道でもよく視聴するところです。
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。