自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産の免責後の状況。
自己破産をして最終的に「免責」の決定を受け、私の裁判(自己破産)は終わりました。

免責決定の知らせは、封筒で郵便で届きます。

ポストに、その郵便物が入っていたのを手にした瞬間に、私の8年近い借金生活は終わりとなりました。

全ての債権者に免責を受けたことをその日連絡をし、それで全て終わりでした。
その後、翌日以降なにもありませんでした。

なにもというのは、取立ての電話がそれ以来一切全てこなくなったことです。

また、給料の差し押さえもなくなりました。

普通に給料を受け取れるようになりました。

住民票や戸籍には何の記載もありません。

宅建や、公務員や国家試験等の全ての資格制限もありません。

自己破産したことで、つまり免責を最後に受けてそれ以降、その自己破産による痕跡は、免責を受けたことで全てなくなりました。

銀行のキャッシュカードも普通に使えます。

日常生活になんら問題はなくなりました。

8年前の借金をする以前の普通の生活に戻れたのです。

給料を自由に使える喜びをかみ締めました。

買い物をしたり、海外に旅行にいったり、貯金をしたり、・・・。

なによりの喜びは、月末にATMをはしごしたり、借金返済の工面に駆けずりまわることがなくなったこと、そしてそのことを何一つ心配しないでよくなったことでした。

借金の借り入れが約12社で、借金の額は約600万。

その借金の返済総額はゆうに1000万を超えていました。

その借金が全額免除されたのです。

一円も返さなくてよいのです。

どれだけ気持ちが楽になったか、過去の借金生活が悪夢のように感じられました。

この自己破産制度に甘んじることなく、過去を反省をし再出発の機会を与えられたことに感謝し、今後の人生をやり直そうと思いました。

ほんとにこれが、私にとっての再出発というものでした。

まさに人生のやり直しができたと感じた、その後の毎日でした。


ただ1つ、ブラックは消えません。信販・サラ金・クレジット等のキャッシングやローンはもちろん使えませんでした。人によると思いますが、私は何の不便もありませんでした。それより、借りられないことで、また借金を作ることが強制的にできないようになったので、逆に自分にとってはよかったことだと思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。