自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法律相談について考える。
法律相談っていうと、いざ自分の身の振り方を決めてから相談に行く人が多いようです。

例えば、

「返済は難しい。いろいろ調べてみたら私には任意整理が妥当だ。弁護士に任意整理の相談に行こう・・・」

という感じです。

で、それはいいんです。

私が考えるのは、相談に行かない人のことです。

例えば「返済は難しい。いろいろ調べてみたら、私には自己破産が妥当だ。でも、ギャンブルで借金したから、免責不許可事由に当たるから無理だ。自殺しかない?」

と、あきらめモードに入ってしまう人が、当ブログの質問者の中にも現にいらっしゃいます。
そういうあなた、今すぐ、相談に行ってください。


質問者「だって、免責不許可事由でしょ、ギャンブルは・・・だめじゃん。」


と、言われますが、そんなこと言わず、だからこそ今すぐ相談にいって下さい。

こう言えばいいんです。

「ギャンブルで借金したんですけど・・・借金700万ですけど・・・自己破産で免責受けれますか?」

そう言って下さい。それを、相談するんです。



そういう相談を受け、法律の専門家は頭を使って、解決方法を探します。

いざ自己破産の裁判になれば、判事はその免責不許可事由をどうするか考えます。

何を一番に考えるのか・・・それは、あなたの再建できる道を優先して考えてくれます。

その結果、免責不許可事由であるにも関わらず、免責が受けられるかもしれません。

だから、あきらめモードの人も、まず相談に行って下さい。

解決の道がありますから。

その為の相談なのです。

今すぐに。

そう私は法律相談について考えてしまいます。

何人かの方は、身の振り方を決めて相談に行き、逆に債務整理の自己破産や任意整理は無理だと判断した人は、相談に行かない人がいらっしゃることを心配します。

方法が無いと思ったとき、選択がなくなって困ってるときにこそ、法律相談を受けるべきです。

本来、相談とはそういう意味であろうと思います。

任意整理するしかない、それが妥当だと考えて、相談に行くのは、相談ではなく依頼をしに行くわけです。

つまり、それは商談です。

もう自殺しかないですか?とたずねられる方。

冗談ぬきで本当に相談に行って下さい。

いい方法があると思います。

一番大切なことは、まず相談することです。

身近な人でもいいと思いますし、それができれば次は法律の専門家の弁護士や司法書士などに相談してみて下さい。

自分一人で考え込んで結論しないことです。


ちなみに、ギャンブルでの免責については、平成2年9月7日、東京地裁でギャンブルで免責された判例があります。

ギャンブルと免責不許可については以前記事にもしましたので、詳細は過去記事を見て下さい。
過去記事はこちら→「ギャンブルが原因の免責決定は可能か?」



また、ご参考までにメールでの無料法律相談ができる司法書士事務所を下記に紹介しておきます。任意整理を中心にしていますが、借金問題が主業務です。

メール相談の特徴として挙げられるのが、時間を気にせず相談できる ことです。日中忙しく、どうしても電話相談の時間を割くことができない場合はメール相談が向いていると言えます。 債務状況や生活状況を文章化することは大変ですが、相手に伝わりやすく、 また返信のメールも何度も読み返すことができるので対策をしっかり考えることができます。

ひかり法務司法書士事務所

特に、特筆することはないのですが、代表の「幡野博文 司法書士」が行っている、借金問題を主業務にしている司法書士事務所です。こちらではメール相談が無料でできます。
無料のメール相談はこちら→ひかり法務があなたの借金解決を実現します。借金問題無料相談電話・メールで受付中!


※人に知られるのが心配な方
個人情報については、法律の専門家は弁護司法や司法書士法等の法律によって秘密を守ることは当然に定められていて、いずれも秘密厳守をするのが義務となっていますから、そうした点は問題ないでしょう。また万一なにかトラブルあれば、各関連の代表となる団体(弁護士会司法書士会等)へ相談をすればよいでしょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。