自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たかが借金、されど借金。
前記事からの続きです。

それらは、結果的に私にとってよかったと思います。

しかし、やはり借金を背負った自分が、もう一度人生をやり直したいと願った一方で、借金を簡単に(自己破産の手続きで)チャラにしてしまいたいという思いがあったのは事実です。

結果的にさまざまな裁判での苦労が教訓となり、改心できるきっかけを産みましたが、あっさり裁判が終わっていたら、自分にとって本当によかったのかと思います。

それは・・・

やはり、返せない借金を作ってしまった自分に、浪費や無計画さが無かったとは必ずしもいえないからです。

借金には、人それぞれのいろんな事情での借金があると思いますが、私の場合は、自分のマイナス要因から生じたものです。

ですから、それはどこかで改心されるべきだったのだと思います。

しかも、もっと早くに改心するべきでした。

体験記で幾度と書きましたが、私は、後悔し反省しました。

自分を反省しないとだめだと思いました。

ですので、私の借金、また自己破産に対する思いは、大変重く、深刻に受け止めています。

この点、他の借金返済者や自己破産者の方は、

・明るく前向きに返済する人

・踏み倒すことを平然とされる人

・ものすごく心配される人

・完済に全力で頑張る人

など、十人十色です。

でも私は、

「たかが借金、されど借金」

そう考えます。

なので、結果的に困難を極めた自己破産の裁判が、自分にとって結果的に改心のキッカケになったとはいえ、尚自己破産がよかったのかどうか、今も疑問が残ることも事実です。

それは、精一杯返済に努力して、完済の後に勝ち得るものもあると思うからです。

返済が不可能というその限界は、本来法的なものをその基準としたり、環境の都合などで判断するものではなく、ある一定の範囲においては、その人の心しだいなのかなとも思えてなりません。

なぜなら、返済を可能とするための、具体的な方法は、その仕事や生活や環境をある一定その気があれば、変えることもその人しだいでできると思うからです。

実は、返済が不可能というのは、結局は自分がその借金から逃げる口実として、その先に自己破産が1つの選択肢なのかとも思えるのです。

・・・なんとも、まとまりの無い文になってしまいましたが、次回まとめたいと思います。
(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。