自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借りた金とて返済無用
前回の続きです。

・・・この「みなし弁済」の規定があることで、借金をした場合でも消費者金融がこの規定の要件を満たせば、利息制限法を超える金利での貸し出しも、なんら違法にはならないということです。

上限の金利29.2%で貸しても問題ないのです。

が、しかし実際には、「みなし弁済」規定の要件を満たしている金融はほとんどありませんから、違法になるわけです。

なので、この場合(利息制限法を超える金利)での借金は、

「借りた金とて返済無用」

ということになります。
もちろん借金返済について、元金と利息制限法内の金利分の返済は必要ですが、それを超える分の金利については、返済義務はないと言うことです。

当ブログを読んでくれている方が、幸いにも多数いらっしゃいます。

その多くの方が、多重債務の方かと存じます。

そして、その多重債務のほとんどの金融業者の金利は18%以上であろうと思われます。

尚且つその上で、3年以上の長い期間返済を続けているのではないでしょうか。

そのような場合、今まで返済してきた利息制限法を超える金利の返済分というのは「無効」であります。

端的に申し上げれば、その分の金利は、もどってくるということです。

支払う必要がないのですから当然です。

ですので、この視点から考えれば、「借りた金は返すのが当然」と一概にはいえないと思うということです。

ちなみに、そうは言いましても、消費者金融側にも経済的自由はあるわけですから、全て否定するようなことでもないだろうと思います。

消費者金融業者も、「みなし弁済」規定を守ってますよ、ということは主張しているわけです。

が、残念ながら、裁判では「みなし弁済」規定の要件をみたしているとして、認めてくれていないのが現状です。

したがって、違法は違法というほかありません。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。