自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産予備軍200万人!
そういってしまうと、なんだか踏み込むのに躊躇してしまう手段に思ってしまうのですが・・・

たしかに、なるべく避けたい手段ではないでしょうか?

私もそうでした。

もんだなのは、自己破産が必要かどうかです。

つまり、冷静に考えれば自己破産を選択すべきなのに、選択できず、借金苦にあがいている人がいます。

その数およそ200万人!

自己破産予備軍と呼ばれています。
その内実際自己破産する人は年約20万人です。

私が自己破産した5年前は約10万人でしたので、この5年の間に2倍になったということです。(すごい)

自己破産の選択って究極じゃないですかね。

ものすごく悩むと思うんです。

選択以前に、自己破産の選択そのものを否定する人もいますしね。

「借金はがんばって返せ」と。必死に努力すれば返せると。

それも一理あると思いますね。

でも、この場では、自己破産を肯定するとしてあえて自己破産について書きます。

多くの多重債務債務者は、自転車操業をしています。

借金の返済のために他から借金をしている状態です。

そうしているうちに、借金は増えていきます。

多重債務者の借金返済生活の平均年数は約6年です。

今多重債務で、去年の借金の額より、今年借金が増えている人は、もう危険です。自己破産選択を視野にいれたほうがよいでしょう。

かつ、借入先の金利が20%以上なら、なおさらです。

それでも、人によっては収入の額や、生活費の出費等の違いで、完済の見込みがある人ももちろんいると思います。

でも、そうでない方は、自分の状況をよく判断して、選択するべきです。

今選択しなければいけない時期なのに、選択せず借金返済の困窮な生活をする人は、これから数年、ただ苦しいだけの借金生活を送ることになるだろうと思います。

一人苦しまず。

任意整理や個人整理など、債務整理の法的手段を検討し、今すぐ動かれるほうが賢明かと・・・当時ぎりぎりまで借金返済にあえぎ結局自己破産したわたしは、

「もっと早くにうごくべきだった」

と今思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。