自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産の取立てが家族に及ぶ心配。
昨日の続きです。なんだかんだといっても、当たり前ですが他人の借金には関わりたくないのが当然です。部長もそう思ったでしょう。私でもそれは嫌です。世間では脅迫まがいの取立てが騒がれニュースにもなりますので、家族もこれを相当心配していました。当然、私だって心配は心配です。でも悲しいのは・・・
そのことで周りが私を敬遠しているのがわかります。もちろんあからさまではありませんが、微妙に距離を測っているのがわかります。まさに、伝染病です。それはうつらないかもしれないけど、触らぬ神にたたりなしです。その引かれかたがなんとも、わびしいというか、惨めと言うか、微妙な心境になります。なので、余計にお金にまつわる話は周りにはしません。たとえ取立てがひどくなっても、周りにはその話はしません。余計に閉じこもる状態になっていきます。結局、こうして気持ち的に借金返済が不可能になると追い詰められていく流れへと向かいます。

借金に悩む人っておかしい。初めそう思ってました。たかが借金。ましてや命を絶つなんて信じられない。返済して当たり前。そんな風に思っていましたが、いざ、こういう状況になっていくと、そうではなくなってきます。だんだん深刻になってくるんです。昨日、今日の話ではありませんから、10日、30日、3ヶ月、6ヶ月とこの間毎日、朝から晩までこのお金の問題が身の回りにあって、四六時中取り立ての電話や、取立人が現れることや、免責がおりない心配や・・・そんなことに振り回されると、だんだん正気でなくなっていくんです。まあ、ノイローゼのようになって行きます。ましてや、誰にも相談できない状況なわけですから・・・
(つづく)※このお話は過去(5年前)の実話の回想です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。