自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産それとも任意整理
借金返済に困窮した時、任意整理するか自己破産するかで悩む場合もあると思います。もちろん、どうにかがんばって自力で返済を続けることができるにこしたことはありませんが、止むを得ない場合もあることと思います。そこで他力(法的に)で考えることがあると思うのですが、私なりに、自己破産した経験からその手段の選択について思うことを書きたいと思います・・・
大きくは任意整理か自己破産かの選択について考えると思います。そこで、私は自己破産をすすめます。それはなぜか。
(ちなみに、細かなことを言えば、その金額や収入や家計の事情は人それぞれまちまちで、一概にはいえませんし、安易にすすめるな、借金は返済するのが当たり前だという批判もあろうかと思いますが、ここでは、単純に自己破産したほうが良いと考えられる立場(状況)に置かれた方が、今ひとつ自己破産を決意しかねる・・・そうした場合での後押しをする意味でも、あえての私の自己破産のすすめと考えてもらえればよいかと思います。)
それは、借金が免除になるということです。ただ、借金から開放されるからよいということではありません。借金が免除になることで、毎月の返済の負担はなくなります。それから(免除後)は、お金のやりくりを貯金にまわす事ができ、将来のためにその貯金を生かすことができます。なにか資格を取るための学習資金にしたり、結婚や出産のための資金にしたり、また住宅購入の資金にしたり、さまざまな将来の資金作りにすることができます。これからの1年、いや3年・5年・10年後の将来のことを考えれば、今から経済的にやり直すべきです。10年後にはブラックも消えているし、その上努力しだいでそれなりの貯蓄が手元に残ることでしょう。その10年間の経済的余裕からできることはいろいろあるはずです。ここで、無理して踏ん張って借金返済に懸命になりこれからの長い借金返済期間を滞納してみたり、あるときは逃げ続けようとしたりするのは、大変無駄な浪費ではないかと思います。そうした経済の負担からの解消により、再度経済を立て直すチャンスとして用意されている自己破産制度を有効に使わない手はありません。私は自己破産して、その後毎年100万円以上の経済的余裕ができました。この差は、借金生活のその1年とは違います。勇気をもって自己破産という選択をしてよかったと思っています。自己破産制度を有益に利用し、自分の再出発を実現しましょう。


コメント
この記事へのコメント
ひとつバカな質問をさせてください。
自己破産し免責を受けた後、よくよく計算してみたら借りていた業者(債権者)に過払い金が発生している事がわかった場合は、自己破産後に過払い請求というのはできるものなのでしょうか。
法律は、まだ確認していないのでわからないのですが。
2006/09/26 (火) 20:22:16 | URL | まぁ #OpjOh/wQ[ 編集]
まぁさんへ。
調べてみたところ、過去の判例に認められたケースがあるようです。ア○ムに対して、免責後に過払金返還訴訟(集団)を起こしたもので、2004年11月29日に支払い命令の判決が出ています。
2006/09/26 (火) 23:16:26 | URL | 中村(ポン太) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。