自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金返済苦による弱者とは誰か
借金話には弱者やその弱者に対する消費者保護という言葉がよく出てきます。一方、借金をして返せない弱者(債務者)を悪く(批判的)に言う(書く)人がいます。弱者って誰なのか?・・・弱者って本当に弱い立場の人の事なのです・・・
なんだかいろんなブログやコメントを見ていると、中には借金を踏み倒したことを自慢げに書いている輩をたまに見かけます。そのせいだからでしょうか?借金を抱えた返済に困窮した人や自己破産した人(私を含め)を批判する人がいます。なにが弱者だと言わんばかりにです。それは勘違いですと私は言いたい。確かに、中にはわざと多額の金を借りて破産したり、ギャンブルで失敗するのがわかっていて破産までしてしまったりする人もいるでしょう。しかし、多重債務者や多くの自己破産者、または借金返済に困窮する人々は、本当に弱者と言われる人が多いのです。少し数字を挙げますと、破産者の年齢は中高年が約50%で多数をしめます。月収は20万円以下が70%以上です。いわゆる低所得層です。そして、80%以上が家族(2~4人)がいます。持ち家でない人はおよそ90%です。破産理由は「生活苦・低所得・負債の返済・事業資金・保証債務や肩代わり・病気の医療費」が80%をしめます。
最後に、「浪費・遊興費・ギャンブル」が破産の理由の人はわずか4%です。(※これは少々古い統計で1997年の日本弁護士会によるものです。しかし、現在もその数字に大きな変動はないと思います。)
このように、多くの人は精一杯の生活をする中、真面目に借金を返そうとするなかで、多重債務に陥り破産しているのです。非常に弱い立場なのです。ですから、冒頭で私は「それは勘違いです」と言ったのです。
自業自得と言い放つのは簡単です。しかし、それだけで済ませれる問題ではないのです。この裏には、高金利(利息制限法)やヤミ金の問題など様々な問題が隠れているのです。個人の責任と・・そうどこまで言い切れるのでしょうか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。