自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産って何?
最近気付いた事なのですが、借金返済や自己破産関連の事を記事にする中、当然皆が知っているであろうと思われることが、意外と知られていないという事実に気づきました。例えば、利息制限法違反金利に対する(灰色金利)過払い返還請求の問題は、多重債務者の9割が知らないそうです。
そこで、「自己破産って何?」についてなのですが、自己破産についても、他のブログで自己破産を誤解していると思われる内容の記事を見ました。そこで、簡単に自己破産について改めて説明したいと思います。(私も素人の故、私自身の内容に更なる誤解があれば遠慮なくご指摘下さい)
他のブログ記事の誤解と思われる内容は、自己破産とは借金がチャラにになること(目的)で、借り手が得すると言うような内容のものでした。でも、自己破産は借金をチャラにするのが目的ではありません。その目的は、債権者の保護、つまり消費者金融(貸金業者)を守るための制度です・・・
つまり、どういうことかと申しますと、債権者はせっかく貸したお金を返してくれないと困ります。でも、借り手(債務者)が返済困難になっては、貸したお金も全額回収するのは難しくなります。また、こうした場合、借りては数社の貸金業者等から借金をしているでしょうから、貸金業者同士で、返済額に差が出ては貸金業者に不平等になります。
そこで、借り手が返済困難になった場合に、借り手の財産を全て処分して、・・・例えば家やマンションや車などを処分(売却してお金に変える等)して、まとまったお金に変えた上で、そのお金を平等に各債権者(貸金業者)に配分します(借り手はその代わり一文無しになる。つまり破産する)。これが、「自己破産」です。
したがって、貸したお金を返してくれないのでは貸し手側が困るので、借りての財産を全てお金に変えて各貸し手に還元するものなのです。

※ちなみに免責がありますが、これは法的な処置でのことです。上記の事をおこなっても、契約に基づく権利・義務(債権・債務)は消えない(この場合は、お金を借りて返すという契約)ため、借り手には返済の義務(債務)が残ります。
つまり、借金はまるまる残るということです。権利・義務の取り消しや解除、また無効などは法的に基づくものが必要ですが、上記自己破産とは無関係です。そこで、返済義務が残ったままだと借り手(債務者)は永久に借金を背負ったままになるので、それを消滅させるために「免責」という法的効果を与えて借金を消滅させる。
つまり義務を消す(借金を消す)ようにするわけです。

現在、借金返済困難に関する問題(多重債務問題等)は社会問題です。多重債務者の増加は、社会の経済的低迷を生む要因でもあります。その為、いかに借金返済に困窮した状態の人を経済的に救済するかというのが大事な視点でもあるため、免責を強調して消費者の救済が大きく取り上げられる点において、「自己破産」制度が広く消費者救済の制度であるというように考えられる傾向にあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。