自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産した理由を考える~2
昨日の続きです。クレジットカード利用での分割がそもそも長い借金生活の始まりでした。一括払いで済ませていた頃は問題なかったのですが、分割したことがよくなかった。分割は、特にリボ払いと言うのがあります。クレジットカードでいくら買い物をしても、毎月の支払い(返済)は一定額に決めて固定することができます。たとえば、クレジットカードの利用限度額を50万円と決めておき、それに対して毎月の支払は1万5千円にするというようにできます・・・
ですから、その月の買い物に5万円使っても20万円使っても、支払いは1万5千円だけです。
 これは大変便利な反面、今思えば金銭感覚がかなりルーズになったと思います。普通買い物する時に財布の中を見てお金が足りなければ買わないものです。また、仮にたまたま預金を下ろしたばかりでお金を持っていた時でも、月末のことを考えれば全額使ったりはしません。普通そうして自分の財布の管理をします。ところが、リボ払いになると、もし使いすぎても月末困ることはありません。更に、翌月困ることもありません。この安心感が、ルーズな金銭感覚を生んだのだと思います。
 更に更に、このクレジットカードにも限度枠というのがありますが、他にもカードはあります。1社のカードの限度枠に達すると、他のカードも使えないなんてことはありません。他のカードは使えます。この他社が更に利用できることが、クレジットカードを数社所持する自分の利用可能限度額の幅を大きくして、全体の利用金額が増額していきました。客観的にはクレジットカードの利用に他なりませんが、これはまさしく借金そのものです。クレジットカードという名のもとに、買い物の際カードを一枚だして決済しているものの、それは、その瞬間どこかの貸金業者からお金を借りてきて、とりあえずレジの人に借りてきたそのお金を渡しているのと同じです。後で分割しながら、借りたお金を返すわけですから、借金なのです。
 しかし、クレジットカードという名のもと、「借金」というイメージ(この場合サラ金からお金を借りて毎月金利とともに返済をしていくというような、どことなく暗いイメージ)、とはかけ離れており、逆に、カード払いは爽やかでスマートなイメージすらある(TVコマーシャルの見過ぎだろうか?)。カードの利用はエスカレートするばかり・・・(つづく)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。