自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産した理由を考える~10
続きです。そもそもこの問題は、消費者金融と借り手(債務者)がどうこうという話ではなく、社会権の問題であろうと思います。
 そもそも経済的に自由・平等がなかった時代に、自由が求められて市民革命(英・仏)などのもと自由な社会が作られた時代(19世紀)がありましたが、その自由が経済的不平等を生み、生活に困窮する人が溢れたために国家(行政等)が干渉することで経済的な国民生活の是正を図ろうとした経緯があります。欧米の先進国は200年前からこうした歴史のなかで、経済的に困窮する人々を守る政策が進められてきた背景があります。
 そうしたことを踏まえれば、過剰貸付があったことが、借金に更に困窮する者を増加させる結果であり、よくないと考えることは必要なことであり、そこでその問題について考える以上、借り手の責任問題を一旦脇に寄せて考えるとしても良いであろうと思います。したがって、ここでは金融側の問題点を指摘してまいりたいと思います。
 そこで、過剰貸付についてです・・・(つづく)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。