自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産した理由を考える~14
続きです。
Aさん「あの~、借金の返済がきつくて、困っているんですが」
相談窓口「いくら借金があるんですか?」
Aさん「8社から借りていて、いま350万円になります。」
相談窓口「金利はどうなってます?」
Aさん「B社が25%で、C社が28%で、D社が・・・」
相談窓口「なるほど、何年返済をしてるんですか?」
Aさん・・・
「8年くらいです。もう返済に追われる生活をずっとしていて苦しいんです。まだまだ借金は残っていて、この先返せるかどうか心配です。」
相談窓口「ちょっとお持ち下さい。調べてみます。」
・・・数十分後
相談窓口「お待たせしました。調べたところ、Aさんの借金はもう返済が済んでいます。」
Aさん「えっ、もう終わってるってことですか?」
相談窓口「そうですよ。借金はありません。」
Aさん「じゃあ、今ある350万の借金はもう無いってことですか?」
相談窓口「そうです。もう返済しなくてもいいんですよ。350万の借金もありません。」
Aさん「驚きましたけど、よかったです。」

なんていうことが、相談に行くとほんとにありうるのです。借金があり、毎月の返済がある。そして毎月返済に追われてもう数年。借金が返済しきれないような状態であっても、相談にいくとこのように解決する場合があるんです。なので、まずそうした時は相談にいくべきだというわけです。

 あるはずの借金が無い!?もう返済が終わっているというのは普通に聞くと変な話です。でも、借金の場合、その借金と返済に関しては法律で決まりがありますので、そんな不思議なことも起こるんです。貸金業者と本人が自由に貸し借りをして返済するのはもちろん当人らの好き勝手でいいのですが、あまり高い金利で貸しちゃいけないことになっているので、もし高い金利で借りている借金があったら、今まで高い金利で支払っていた分が清算されるんです。
 その高い金利の貸し金融が、有名な武○士やア○ムやアイ○ルなんかですから、多くの人がそうしたところから借りているのが一般的ですから、こんな不思議な話があるのです。そして、金融会社も法律が決めていることなので、一旦法律の専門家等から連絡が入れば、すぐに従います。相談者がビックリするぐらい、アッサリと話が進むそうです。

 相談にいったら、「借金なくなちゃった」という話は珍しくありません。今そうした法律相談の一番の相談内容も「借金」に集中しているようです。法務省(HP)が案内している、今月新たに始まった機関である、「法テラス(日本司法支援センター)」は公的機関であり電話で無料相談ですので、便利です。人気!?があるようです。

 借金の苦労に比べれば、相談の敷居など高くはありません。少しの勇気をもって、一度電話してみましょう。少しは安堵が得られると思います。そして良い改善への第一歩になることと思います。私は、5年前、相談に足を運びました。運んで、胸のつっかえが取れました。勇気がいりました。でも、もっと早く行っていれば、もっと早く胸のつっかえが取れただろうと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。