自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産と弁護士
 自己破産のみならず、他の債務整理を考えて弁護士に相談に行こうとする人の中で、どこに行けばいいのか迷っている方が多くいるようです。私の経験と、知りえる情報から申し上げますと、まず公的機関の窓口にいくのが確実です。なぜなら・・・
 法律の相談は、信頼関係が大切だとよく言われます。それは、法的なことはその人の意思がとても重要だからです。任意整理するにしても、離婚するにしても、それは本人の意思や、証言が大切になってきます。メンタルな部分も大変多いです。また、弁護士さんにも得意、不得意の分野があります。病院でいえば内科や外科といったところでしょうか。でも弁護士事務所にはそうした科はありませんので、素人にはわかりズらづらい物です。でも、そこへいきなりどこの誰だかわからない人から相談を受けると、弁護士さんも身構えてしまいます。場合によっては、依頼を敬遠することもあるそうです。
 
 そこで、まずは弁護士を紹介する公的機関にまず相談にいって、そこで相談内容を話し、内容に見合った得意分野の先生(法律事務所)を紹介してもらって、初めてその弁護士さんと会う(会いに行く)のがベストです。そして、会って相談する場合はだいたい30分5000円です。始めに話したいことを簡単にメモして(借金の額、借入先会社名、返済期間等)もっていくと話もスムーズです。ちなみに、私が始めて相談に行った時も、この公的機関に足を運び、弁護士さんを紹介してもらいました。30分の相談で済み、料金は5000円ちょうどでした。あらかじめ借金の額・消費者金融の会社名・返済している毎月の金額・これまで返済してきた期間・毎月の収入・家計の支出額をメモしていきました。大まかに言って、借入先12社・合計借金額約600万・毎月の収入30万・毎月の家計の支出が20万で、「弁護士さんの判断は自己破産したほうがよい」でした。その後自己破産しました。

 ここでいう「公的機関」とは、弁護士会(弁護士会館)のことです。各都道府県にあります。大体は県庁所在地などにあろうかと思います。各都道府県にあるほぼ全ての弁護士事務所が加入しており、紹介のみならず、会った弁護士とトラブルがあったりした場合にも、その苦情や相談を弁護士会が受けてくれます。母体は日本弁護士連合会ですのでどこよりも確実に安心できる紹介窓口であろうと思います。また、電話相談の窓口として、この10月より「法テラス(日本司法支援センター)」という公的機関が、法的な電話相談(無料)を受けていますので、弁護士の紹介のみでなく、ちょとした聞きたいことなども気軽に相談できる窓口となっています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。