自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁護士さんについて
 弁護士さんの話が借金返済ブログではよく出てきますね。なんとなく悪いイメージの話がよく目に付くのは気のせいでしょうか。お金(報酬)が高額であったり、任意整理や自己破産を勧めることなどから、そんなイメージへとつながっているのでしょうか・・・
 私は弁護士さんに大変お世話になりました。しかも無料で。なので感謝の気持ちがあるだけです。

 弁護士さんにもいろいろいて、実際お金優先なビジネスに走っている弁護士さんも確かにいますね。一方、人権派とよばれる、弱者の側に付く先生も多くいらっしゃいます。

 法律系の勉強をしているといろんな弁護士さんの話を聞く機会があります。ある法律事務所の就職に関する説明会に参加した時の話です。
集まった参加者は、ほとんどが有名大学の学生たち(弁護士の卵)で、100名ほどいました。そうした中、ある弁護士が、弁護士事務所の経営のノウハウを得意げに説明していました。

 その内容は、

「クライアントを多く得るコツは、接待をうまくやること。接待に使うお店は銀座なんかの高級ク○ブを使うこと。キャ○○ラなんか使っちゃだめですよ」

という内容でした。私は驚きました。素人ながらにも、弁護士というのは、正義のために働く人と思っていましたので。一流のエリート大学生の弁護士や裁判官の卵たちが大勢いる中で、弁護士事務所の運営についての内容がこんな話でよいものかと思いました。ただ、それも現実社会での問題としては大切な要素の一つかも知れませんが、正直ショックではありました。

 少し話がそれてしまいましたが、それはともかく、人権を大切に考え、懸命に働かれている先生も一方では居ます。私にアドバイスをくれた弁護士さんのように。めぐり合わせは難しいと思いますが、相談者のことを真剣に考えてくれる弁護士さんに会えれば、皆さんイメージが変ると思うのですが・・・。

コメント
この記事へのコメント
初コメントです^^
債務整理を依頼しようと弁護士さんを訪れる時、
大抵は「次の支払日まで時間がなく」という状況かと
思います。よほど用意周到に計画する方は別として。

そんな状況で、自分の考えを良く聞き、身になって動いて
くださる弁護士さんを選ぶ時間ってなかなかなさそうですね。
自己破産まではしたくなかったけれど、時間もなく、弁護士さんに言われてそのまま・・・とか。それに日本人の気質として顔を合わせて相談した以上、頼まないのは悪い、という気持ちもあるんでしょうね。

その辺の折り合いをどうつけるか・・・
難しいところです。
2006/10/29 (日) 20:18:59 | URL | はなこ #-[ 編集]
はなこさんへ
コメントありがとうございます。
確かにそうですね。現実問題、そんな余裕をもって弁護士を探したり、その中で決断するのは、なかなかうまくいかないかもしれません。
私はいい弁護士にめぐり合え、運が良かった結果だったのかもしれませんね。
そう考えると、「折り合い」というものも、「運」に左右されることが大きいかも・・・ですね。
2006/10/31 (火) 21:48:56 | URL | 中村 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。