自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金返済と借り換え。
私は自己破産前に自分で債権者に面会しに行き、債務整理の交渉をしたり、借金を減額する手段をいろいろ試しました。結果的には時すでに遅しで、破綻しましたが、まだ自己破産までには至らない方には、十分有効であるいくつかの返済方法がありますので、紹介してゆきたいと思います・・・
◆金利の変更だけで、200万の借金を減額させる。
今回は、単純に高い金利から安い金利に変更するという借り換え方法について書きたいと思います。
 「無効な金利」の記事で金利の秘密といったものを書かせていただきましたが、金利は返済額に大きくかかわります。今あなたが借りている金融機関の金利を今一度見てみて下さい。一概にはいえませんが、5~10%位ならたいしたことはありません。

 しかし、20~30%の間なら、要注意です。下記の計算をよく見て下さい。ひとつの例として、金利29、2%で100万借り,毎月3万円づつ返済していく場合。その返済金額の総額はいくらになるのかという例です。

 「現在の借り入れ例」
 ◆借金金額:100万円
 ◆金  利:29.2%
 ◆毎月の返済額:3万円
  の場合。その総返済額と返済回数は次のようになります。

 ◆返済完済回数=70回
 ◆総返済金額 =207万円
です。すごい金額ですよね。返済総額は借りた金額の2倍以上になっています。

  ところが、返済金額が2倍以上になることを知らず、返済回数と返済総額は次のようになると勘違いされる方がいらっしゃいます。
 ◆返済完済回数=44回
 ◆総返済金額 =129万2千円
このように、金利が29、2%だから、利息は29万2千円だと思われている場合があるのです。

これは、大きな誤りです。借金地獄にはまってしまう人の場合には、その借金の返済計画をこの「誤り」のように考えている場合があります。「100万借りて、利息は29万だからどうって事はない、どうにかかえせるな 。」と思うわけです。で、返済していくのですが、その途中で「129万ならもうちょっと借りても大丈夫かな」と思ったりして更に軽い気持ちでショッピングローンやリボ払いなんかをしていき、いよいよ借金は膨らんでいく結果となります。

 しかし、先のように、金利29,2%の場合なら、実際返済する額は借りた金額の2倍になるのです。その結果、気づいたら返済苦になっています。高金利は、このように借金の返済計画に大きな落とし穴を作る結果になります。このケースでは、100万借りたら、返済はその倍の200万だと認識しなくてはいけません。

 そこで、少しでも今の高金利より安い金利に変更するというのは得策です。変更するだけで、借金の返済額が数十万減るわけです。当然ながら、返済苦だからといって、更に高い金利のところで借りればその総返済額が風船のように膨らんでいくことはこれでおわかりですよね。(・・)/

◆低金利の金融会社
下記には、安い金利でかつ制限利息法をちゃんと守っている消費者金融を一例に載せて、借り換えた時の差額を書いてあります。今のあなたの利息をもう一度見て、比べて見て下さい。

利息制限法厳守の低金利の金融会社
会社金利特徴
楽天MONEYカード 12.0%~18.0%新登場したばかりです。
普通クレジット系は審査が厳しい
のですが、クレジット会社の運営
でありながら、審査がやさしく、
金利も低いのが特徴です。始めた
ばかりなので、他社との競合に対
する差別化を図るのが目的と思わ
れるます。この条件は今だけかも
知れません。
エキサイトローンカード15.0%~18.0% こちらも楽天と同様の特徴がある
といえます。更にエキサイトは2
5分というスピード審査を売りに
しています。



もしあなたの金利の方が高いようなら、安い金利に変更されることをおすすめします。例えば、上記の金利の安い「楽天MONEYカード」から新規に借ります。次にあなたが以前より借りている高い金利の金融機関に返済をします。この時、中途半端に両方の金融機関に残高を残さないようにするのが良いでしょう。返済計画がよけい不安定になります。少なくとも、以前から借りている高い金利の金融機関1社への返済は、全額完済にするべきです。そうでなければ、借り入れをしている金融会社の数が1社増えることになってしまいます。それでは効果が薄くなります。目的は、金利を変更して、借金の総返済金額を減らすことですから、新規に低い金融会社から借り入れをしたら、以前から借りている高い金利の金融会社を最低1社は必ず全額返済するべきです。

◆金利の変更前・変更後
これでもとの高金利の金融会社と新たに借りた金融会社との金利の差だけ、その総返済金額は減ります。もし仮に、金利0%から借りれたら(ちょっと極端すぎますが)、上の例でいうと下記のようになります。

「現在、金利29,2%で借りている場合」
 ◆借金金額:100万
 ◆金  利:29.2%
 ◆月返済額:3万
 →返済回数70回
 →返済総額207万円


  「金利0%に借り換えた場合」
 ◆借金金額:100万
 ◆金  利:0%
 ◆月返済額:3万
 →返済回数34回
 →返済総額100万円


   そうすると、借金の総返済金額は、「107万円」減ったことになります。これはあくまでも金利が0%とした場合であり、少し大げさすぎる例ではありますが、少しでも安い金利に切り替えることはそれだけで借金をいくらか返済したことと同じであり、まず借金を見直す上での基本かと思います。よく分譲住宅のローンの金利なんかは、買い物そのものが高額なので、この金利を1%でも安いところで借りようとしますが、こうした多重債務などの場合も同じく、消費者金融は通常金利がとても高いので、金利を考慮することはとても重要だと思います。また、銀行系はもっと金利が安い場合がありますが、審査が厳しくなります。利用できるのであれば、更に金利の安い銀行系を利用する方が借金減額の効果は大きくなると思います。どうぞあなたも、一度見直しをされてみては・・・。

こちらから詳細が見られます→楽天MONEYカード

コメント
この記事へのコメント
リンクありがとうございます。

ポン太さんのブログは、すこし前に何度か立ち寄らさせて頂いていました。

物凄くためになるブログだと思いますので、これからも頑張って続けて下さいね。

私の方も、リンクしておきます。
これからも、よろしくお願い致します。
2006/05/22 (月) 18:08:11 | URL | g-two #udixdWvs[ 編集]
g-twoさんへ
コメントありがとうございます。リンクありがとうございました。

がんばってブログ続けたいと思います。これからもよろしくお願いします。
2006/05/23 (火) 08:34:51 | URL | ポン太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。