自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任意整理を自ブログも。
 多重債務についての記事を多く書くようになり、適当にカテゴリを設けておりましたが、自己破産やら消費者金融やら、またグレーゾーン問題など、借金にまつわる話が増えてくるにつけ、分類がごちゃごちゃになってしまい、これは整理せねばいかんと思う昨今でございます。
 せっかくご訪問頂いた皆様には、わかりづらいカテゴリの分類でご迷惑をお掛けいたします。少々時間が掛かりそうですが、なるべく見やすくなるよう、分類の整理をしたいと思います。

 ところで、今日のニュースでご存知の方も多いと思うが、50万円の買い物で、支払総額が125万円になったとのニュースがある。リボでの話である・・・
 12年間で約70万円払ったのに、明細をよく確認すると元本は10万円も減っていなかった。そして驚いたといったニュースである。

 今更だが、消費者金融やクレジットローンやリボといったものは、そういうものである。毎月返済していても、それが毎月少ない返済額であれば、ほとんどは金利の返済で終わってしまう。この人(女性)は毎月5000円の返済をしていたそうだが、ほとんど金利の返済で元金はのこったままだ。今更驚いても遅い。よく明細を見ないからだ。返済計画が甘い。自業自得である。

 と、そのように締めくくることもできよう。しかし昨今、貸金業社のあり方は、取立てや灰色金利問題を筆頭に様々な問題が取り上げられている。この女性、金利が付く事は当然知っていたであろう。しかし、毎月5000円を12年間も支払ったのに、その手数料が75万円にもなるとは知らなかった。返済状況のシステムに、一般的に考えて複雑な点がないだろうか?12年間も支払っているのに元金が10万しか減っていないこの仕組みを普通という常識の範囲で理解し、計画しないほうが悪いと一方的に言えるであろうか。対する相手方(金融側)は「毎月5000円の返済だと手数料が75万円になりますよ、よろしいですか」と、一般的な普通の感覚なら明示または提示等するのではないだろうか?

 問題は、それを(手数料の実際の額)知った買い物客がそれ(リボで手数料が75万円)を毎月5000円の返済で利用するかということである。恐らくはその返済内容では利用しないであろう。毎月の返済額を増額するなり、少しでも手数料が掛からない方法を選択するはずである。そうであるならば、貸す側は、それを提示して相手に示すべきではないだろうか。その示し方も、素人でもわかるように、誤解の無いようにするべきある。そう考えるならば、貸す側の説明にもそれ相応の責任があるであろう。

 ちなみに、毎日新聞の調べでは、大手信販5社のうち、ショッピングでリボ払いをする利用者に対し、支払総額や返済回数を明示しているのは1社しかないそうである。つまり、ほとんどの信販系はなんらの明示もしていないのである。

 実際、こうした問題が多重債務を生む要因であり、リボによるショッピングが借金漬けを生じさせている。一方消費者金融では、先の世論からの批判などから、大手は今年7月から返済期限を5年以内とする自主規制がなされている。しかし、クレジット系に至ってはその対応が遅れている。

 今後の多重債務問題解決のためににも、こうした誰にもわかりやすい明示がされるべきでしょうし、それを知る限り、利用者もより確かな返済計画を立てれるでしょう。そのことが消費者保護への動きとなり、多重債務者を減少させてくれることを望みます。

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。