自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分で自己破産の危険な一面
 多重債務に陥った場合の借金解決策としての自己破産やその他の債務整理は自分で手続きをすることもできます。でも、自己破産にせよそうした任意整理等にせよ、自己で行う場合には、債権者から不当な請求行為等を受ける危険があります・・・
 ただ、一概には言えません。特に、ここ最近は各消費者金融等への厳しい行政からの業務に関する命令などがでることも増え(今日20日も三洋信販に全店の全面業務停止命令が金融庁から出ています。)、積極的に消費者金融サイドが悪質な取立てをしてくることも少なくなっているでしょう。

 しかし、それでも表面に出てこない取立てはまだまだあることと思います。これは、手続きを素人が行っていることに対して、その足元を見て消費者金融サイドがあたかも請求に応じるよう誘惑してくることもあります。私自身、自己破産手続き中にある消費者金融から1万円でもいいから取り合えず返金してくれと言われました。

 でも、1万ならということで返金すると面倒なことになりかねません。それは、自己破産した際は財産処分の上平等に各債権者に対し配当を行うこととされているので、特別に1社のみに返金することは免責不許可になることがありうるのです。たまたま私はそのことを知っていたので、もちろん返金は拒否しましたが、こうしたことにそのまま答えると大変です。

 悪質な債権者は、あの手この手で接してきます。こうした場合、やはり法律の専門家(弁護士等)についていてもらうほうが安心です。法律の専門家への依頼は弁護士等の場合それなりに費用が掛かりますが、一種の保険だと思います。こうしたトラブル弁護士が対処してくれるという以前に、弁護士が付いてくれているだけで、相手がまず消費者金融サイドがこうした行為に出てきません。

 私は、いい意味で自分で自己破産したことは勉強になりまた社会経験になりよかったと思っています。でも、大変であったことは体験記にしるしたとおりです。悲惨でした。そうした意味でも、心配が先行している人は、弁護士等の専門家に依頼、また何より先に一人で悩まず相談をすることをお勧めします。
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。