自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金返済と債務整理とのけじめ
 消費者金融などのいわゆるサラ金やクレジットカードから借金を重ね、多重債務から自転車操業の苦しい借金返済の日々を送られている方が多くいると思います。誰しもが、自転車操業まで行くと「これはもう債務整理するしかないかな」と思われると思います。問題はけじめです・・・
 債務整理といえど、信用にに明らかにキズが付きます。様々な形で消費者金融をとおし信用機関などに返済困難な情報がチェックされ、ブラック扱いになる場合もあります。この経済的信用にキズが付くことが何よりの心配であり、法律的なまた弁護士らの専門家を介した上での対処に踏み切れない要因であり問題なのではないでしょうか。

 この点、どうにかして返済の見込みがもてるように、その方法を探りたい。その一心でいろんな方法を探す。もう最後の手段である自己破産にたどり着くまでどうにかこうにか手を尽くす。それもひとつのやり方かもしれません。

 しかし、その多くは、既に多重債務で自転車操業に陥っている時点で、新たな無難な返済方法を見つけることは困難でしょう。一般平均的なサラリーマンなら、150万~200万円の多重債務を抱えれば、返済に困窮した状態になるといわれています。もがけばもがくほど借金が膨らむ傾向にあります。

 そこはやはり、けじめが必要でしょう。諦めといったほうがよいかもしれません。自己の収入や毎月の生活の支出を照らせば、その状況は本人が一番よく分かるはずです。信用にキズが付くかも知れないことを素直に受け留めて、まずたった今目の前にある借金の問題を解決する方法をどうするのか、明日の生活をどうすのかを考えるべきです。

 信用にキズが付くのは不便かもしれません。でも、明日、いえ、来月再来月のこれからの日々の生活を、借金に負われる経済状態の中で苦しみながら生活するのではなく、ある程度の余裕をもって確実に計画的に返済していく。そうして過ごすことのできる自分の生活サイクルを取り戻すことです。

 そこで、まず専門家に相談することです。手順は①まず本当に相談が必要な状況にあるのかどうかを第三者に相談してみることです。返済の努力不足という場合もあります。②次に本当に相談が必要な状況なら、具体的にどう解決するのかを相談する相手を見つけることです。③相談する相手が見つかったら実際に具体的にその相手にどう解決すればいいのか相談しましょう。
具体的には、
①は、国が運営に関わるきちんとした公的機関の窓口がいいでしょう。今日現在なら、国会の決定で今年10月に設置されたばかりの
「法テラス(日本司法支援センター)」
に電話して相談してみましょう。無料です。ここでは、自分が借金返済に困窮していることを話せば、どのようにしたほうがよいのか(例えば、もう少し返済の努力をしたほうがいいとか、身内に借りられないかとか、また弁護士などの専門家に具体的に相談したほうがよいとか・・・)アドバイスをもらえます。
②そして、具体的に相談したほうがよいと言う場合には、その相談相手(消費者センターや司法書士や弁護士など・・・)見つけましょう。「法テラスで」はこの自分に適した相談相手を見つけてくれます。そして、連絡先を教えてくれます。
③実際にその相談相手(弁護士や消費者センター)に連絡を取り、具体的に相談しましょう。法的に判断して解決策を見つけてくれます(返済の義務がなかったり、支払ったお金が戻ってくるとか、自己破産して免除するとか、毎月の返済金額を調整して完済できるようするとか・・・)。

 相談というと、いきなり「任意整理」だと決め付けて、弁護士に会いに行き、「任意整理の相談にきました」というような行動をする人がいます。また「自己破産の相談をお願いします」と、唐突に自己破産の相談をもち掛け、「私はでギャンブルで借金があるのですが、これだと免責されないんですよね?」と相談する人がいたりします。これでは相談というよりはただの商談です。

 専門家に相談するというのは、今ある借金の状況を客観的にみて、それをどう法的に解決する方法があるのかという判断を様々なその状況からあくまで法的に判断するということです。その判断をしてもらうための相談です。「私は来年結婚できますか」→「はい、2年以内にできますよ!」と、占い師に聞くのとは違います。あなたの取りたい手段ができるのかどうかなのではなく、あなたの状況(借金返済に困窮する状態)をどの手段で解決するのがベストなのか?そのためのあなたにとって一番負担が少なく利益(お金ではなく生活等の安定した環境を得る意味)となるベストな手段(法的に導ける(解決できる)手段)はなにかを探してくれるということです。一人で悩まず、上記のような窓口を利用して、相談してみましょう。

 たまに、他のサイトで弁護士は金を儲けすぎだとか、すぐ自己破産を勧めて利益を得ようとするとか、悪評が少なくありませんが、実際の多くの弁護士などはそうではないと思います。「正義」などという言葉を使うとなんだか重い気がしますが、相談者の身になって、その人が「どうすれば再建できるのか」「そうすれば被害が少なく済むのか」「どうしたらやり直しができるのか」そうした、「正義」心のもと働かれていると思います。信頼し、相談すればきとあなたのためにあなたを弁護(救済する)するよう働いてくれると思います。

 少なくとも、私がお世話になった弁護士の先生はそうでした。

法テラス(日本司法支援センター)
2004年6月に施行された総合法律支援法に基づく独立行政法人型の組織。その後4月に設立され10月から業務開始。全国各都道府県、50カ所に地方事務所がある。情報提供・司法過疎対策・民事法律扶助(資力の乏しい人に裁判費用の援助)・犯罪被害者の援助に詳しい弁護士や専門機関の紹介・刑事事件の容疑者や被告に国費で弁護人を付ける体制の整備等の業務を行う。
※情報提供業務(本文記事で書いた相談手順の①や②など)無料。
※司法過疎地域事務所での法律相談等(本文記事で書いた相談手順の③など)は原則有料。
※コールセンター 全国共通 (電話)0570ー078374

コメント
この記事へのコメント
始めまして(^o^)突然お邪魔してすみません(^o^)私ついこのあいだ15日に弁護士さんに任意整理したのですがアパート借りたいんですが借りれるでしょうか?もうブラックリストにのってて無理でしょうか?前にプログ拝見した時に苦労されたみたいでしたので(^^;
2007/01/21 (日) 13:38:22 | URL | マ~ボ~ #-[ 編集]
マ~ボ~さんへ
 アパート契約は最近では信用機関を通すところが増加傾向のようです。あれば当然引っかかるでしょう。私が数件行った不動産屋は全て信用機関を通していました。当然引っかかりましたので、何件か誠意をもって事情を説明のうえ1件納得してもらい契約できました。ダメなときは不動産屋に誠意をもって何件か相談してみて下さい。
2007/01/21 (日) 20:06:41 | URL | 中村 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。