自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3338億円の赤字に驚き!
消費者金融の大手である「武富士」が平成19年3月期の業績予想を下方修正したと発表を聞いた。その予想金額なんと赤字3338億円だそうである。桁が大きすぎてよくわからない気がする。大変驚いた。もともとの予想は1095億円であったそうだ。やく3倍にアップしたしたことになる。

 業績予想をアップした一番の要因は、やはり「灰色金利」問題につながる。消費者金融の関する問題は、どうやってもこの色…とは切っても切れない仲のようである。
 現在、利息制限法の上限(年15~20%)を超える金利について、債務者からの返還請求が加速している状況がある。

 従来みなし弁済規定があるため、過払い返還は表立ってはその請求や訴訟もなかったが、最高裁で平成16年2月20日に弁済規定自体の厳格な解釈がされる判事がだされてから、以降の新たな貸金業者に対する司法の姿勢も変化した(平成17年7月19日貸金業者の取引履歴開示義務・同年12月15日リボルビング方式の場合での返済期間・返済金額等を契約書面に記載する義務等)。

 そうした司法府の立場も示された流れの中で、必然と過払い返還訴訟も大きな動きとなっていった。最高裁の厳格判事が出されたその年だけでも全国で約2800件の請求があり、その額は28億円あった。結果としてそのほとんどが勝訴した。

 当然、今となっては過払い金返還は当然の形となっている。それにしても、債務者からの過払い利息返還請求に備えて引当金を計上した金額の結果がここまでの大金になるとはほんとに驚きの一言である。

 ちなみにアコムは同様に予想は赤字となっており、その金額は2573億円だそうだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。