自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産 給料差し押さえ
・・・続き。

東条専務「社長は厳しい人だ。このことはまだ知らない。知れば君の勤務に対してもなんと言って来るか心配だ。自分で処理して、早く免責を受けなさい。」

そう言った。気遣ってくれたのだろうか。それとも会社の保身の為か。私は専務を優しい人なんだと、そう思うようにした。裏を考えればきりが無い。その気になれば左遷でもなんでもできる立場の人なんだから、私に対して計らいをしてくれたのだろうと思うようにした。すっかり自己破産などすることになり、意地が悪くなりかけている自分に、人を良く思う気持ちを忘れちゃいけないと、強く言い聞かせるようにした。
でないと、行いも、心も腐っていくような気がした。再出発のための自己破産なのだから、改心していかなければいけないと・・・そう考えていたのかもしれない。

こうして、強制執行の手続きを、自分自身が行うこととなった。
なんだか変な話ではあるが、当然私はその会社の人間である。私が会社の経理担当として、一社員「中村」の給料を差し押さえ(強制執行)の手続きをすることはできるである。

実際差し押さえた給料と言うのは法務局管轄の供託所に差し押さえた金額を預けることとなる。
【供託所:法令の規定により、金銭および有価証券の供託事務を取り扱う機関。各地に、支局や出張所がある。】

(つづく)







コメント
この記事へのコメント
言い掛かりや難癖じゃないけど
法が許せば何をしても…と言う話しを聞く事がありますが、多額の借金を踏み倒そうと思えば其なりに周りに迷惑を掛けます。法だからとそれを当たり前に考えると、必ず我が身に何かの形で跳ね反って来ます。例えば信用を無くすとか…場合によってはもっと大切な物とか。多くの破産者を見て来た立場から、中村さんへと言うのでは無くて、この場を借りて反省の無い破産者に言いたいと思います。勝手にこの場を借りてすみません
2007/02/10 (土) 21:41:52 | URL | しゅう #-[ 編集]
しゅうさんへ
 いつもコメント有難うございます。今日は、勝手でありますが、今後のコメントについて以下のご協力を頂きたいと思います。

 本意見につき、しゅうさんのご意見は大切な内容であると思います。

 しかし、私は、当ブログの管理人として、当ブログに来られる来訪者の方が、しゅうさんのコメントを読み、萎縮されるのではないかということが大変心配です。こんな私のブログでも、1日500~1000カウントの来訪があり、ほとんどが「自己破産を考えられている借金に悩む多くの方々」です。多くのお問い合わせ等を頂くその内容から、かなり深刻である様子が窺えます。

 当ブログのでの主張方向は、多重債務者の救済の観点であり、またそれら社会問題の解決に対する内容で更新しております。借金苦に悩み路頭に迷う人が、当ブログでの私の体験談や、その他社会問題を扱った記事を読み、新たな情報を得ることで、多少でも来訪者の方々の問題解決につながる一助となれればと思い書いております。
現に、多くの方から、「勇気が持てた」・「もう一度やり直しをしようと思った」・「明日相談の電話をしてみます」などのお言葉を頂いております。

 しゅうさんのブログでの主張方向は「悪質多重債務者の事を世間に少しでも知ってもらえるように」との内容であります。本コメントで書かれている内容も同趣旨内容のものであると思います。私も、そうした悪質多重債務者の存在を否定してはおりませんし、その存在の発信や、その人たちへのアプローチも重要と思います。

 しかし、 しゅうさんの主張である悪質多重債務者に対するご意見等を当ブログコメントで書かれた場合、当ブログに来訪される多重債務に悩む方々が、「萎縮」してしまうことが十分考えられます。「反省の無い破産者に」と限定はあっても、来訪者の中には繊細な心の面持ちである方も少なからず見受けられます。やはり私はそうしたせっかく当ブログに来訪されやっと解決の糸口や勇気を持つことのできた方々への、萎縮につながるような、また今後の第一歩に対し躊躇する恐れのあるコメント内容の掲載を望みません。

したがって、「勝手にこの場を借りてすみません」とのご挨拶をいただきながら大変恐縮ではありますが、今後同主張内容のコメントの場合は私の一存でご連絡無く掲載を控えさせて頂くことがありますことをお断りさせて頂きます。
もちろん、当ブログ主張内容に対する情報やアドバイス、多重債務者の保護につながるような情報ないしご指導ご鞭撻などであればおおいに書き込んで頂きたいところです。

もっとも、しゅうさんの「悪質多重債務者の事を世間に少しでも知ってもらえるように」との主張は、もう一つの視点としてとても大切なことであろうと思います。しゅうさんのブログは更新を現在は止められているようですが、是非ご自身のブログで更新を続け広めて行かれることをご期待いたします。

 以上、当ブログの趣旨・方向性・内容上、何卒ご理解のうえ、ご協力を頂けますようお願いいたします。
2007/02/11 (日) 18:55:45 | URL | 中村 #-[ 編集]
そうですね
大変失礼をいたしまして申し訳ありませんでした
2007/02/12 (月) 02:01:48 | URL | しゅう #-[ 編集]
しゅうさんへ
 こちらこそ、ご無理を言って申し訳ありません。
ご理解を頂けましたこと、心から感謝申し上げます。
2007/02/12 (月) 19:06:05 | URL | 中村 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。