自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産 訴訟(支払請求)
 先日からの体験談の続きを書かせて頂きます。

 自己破産裁判中のことです。

 私「すみません、債権者から訴訟を起こされて、裁判所から出頭の要請が来ているのですが・・・」

私は弁護士にこう相談の電話を入れました。

 話の発端は、その日の午後に自宅郵便ポストに、一通の裁判所からの通達が届いていたことから始まりました。それは支払い請求訴訟が債権者から起こされたことでした。

(えっ、裁判!?・・・どうしよう。)
ある債権者が裁判所へ、私に対する支払請求の申し立て(訴訟)を起こしたのです。封筒の中身には、出頭の要請が記されており、裁判の日時などが書かれていました。

 当時なにも分からなかった私は、非常に焦りました。借金が裁判沙汰になってしまったと思ったのです。即弁護士に電話しました。

すると、返事はなんと

「無視しておいて下さい」

とのこと・・・でした。

その後も、同様の裁判(訴訟)が他社からも何社か相次ぎました。いずれも「無視」との助言が弁護士からあったので、無視することにしました。ところが、その後、給料の差押えに発展してしまったわけです。
結果を先に話すと、差し押さえを数ヶ月受けることとなりましたが、免責の決定とともにそれは解消しました。
ですので、結果的には時間の問題・・・免責がおりれば全て終了となったわけですから、訴訟も無視しておいて実質的にはかまわなかった訳です。

(このあたりのことはまた次回詳しく書きますが、読んでいる方で、何か聞きたいことなどありましたら、お気軽にコメントに書き込んでください。次回返事を記事に含めて書きますので・・・。初めて読まれている方に、補足として書いておきますと、このような一連の経過に発展したのは、弁護士に依頼せず自分で裁判の申し立てをし進行してたことに起因していることを付け加えておきます。)
(つづく) 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。