自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産 免責
・・・続き。

 自宅にポストに「破産宣告」の通知書が郵便で届きました。

そして、私が「自己破産者」となったことは、当然に官報に載りました。ただ、一般人がこれを見ることはほとんどありませんが。

 しかし、これではまだ借金600万は消えません。再度、この後1ヵ月以内に、裁判所に

「私は自己破産者になりました。返済は不可能な状況だということが認められましたので、先の600万の借金を全額免除して、経済的に0からやり直しができるようにして下さい。」

と、申し立てをします(免責の申し立て)。
 それで、すぐ免責の申立書を持って、裁判所に提出にいきました。

(何度も裁判所に出向いて大変・・・)

これが、自分で自己破産裁判をすることのデメリットですね。

(でも、不思議だな。なぜ、全額免除なんだろうか?50万、いや、100万位残して返済義務をかせる。そういう責任を負わされても、いいようなものだけどな。)

そんな風に思ったのもちょうどこの頃だったと思います。こんな心境でした。

(もし600万をわざと借りまくって、それでいて免責されたら、1円も返済しないで済む。差し押さえなどということもあるけど、それは家や高級車などを所持してる場合の話。普通のサラリーマンやOLなら、なにも差し押さえられないし・・・。破産者に対してかなり保護が厚くて有利だなあ。)

 わざとお金を借りまくって、隠しておいて、破産・免責すれば、借りたお金は返さなくて良いのですから、全額手元に残って、自由に使えれるじゃないですか。つまり悪用可能だってことです。

 なんでだろうって?この時真剣に考えましたね。それでわかったことが前に書いたことなわけです。つまり「復権」の意味が後に理解できたということです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。