自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産 弁護士事務所
・・・続き。 
私は自己破産の相談をしにその約束の日に弁護士に会いに行きました。そこは駅から徒歩5分の雑居ビルの2階でした。恐る恐る事務所のドアを開けると、正面に受付のおばさん(秘書?)が座っていました。

秘書の人「ご用件は?」

私「あっ、先日電話で面会の予約をした中村です。」
 そう名前言うと、おばさんはそばにある椅子を指差して、私にそこで待つように言うので、私はそこに腰掛け待ちました。
 
 なにやら奥からは弁護士らしき人と相談者らしき人のやり取りの声が聞こえます。鮮明には聞こえないのですが、穏やか世間話でないことはその空気で分かります(少々緊張気味になってくる私)。

 しばらくするとついに弁護士がやって着ました。(大きい人、歳は50歳くらいか!?)おもむろに名刺を差し出し自己紹介を受ける(柿原弁護士(仮名))。

 「弁護士の柿原です。書類をもってきましたか?」

 「はい」

 弁護士会館で弁護士を紹介してもらった際、債務についてを書き込む書類を弁護士会の受付の人から受け取っていたので、あらかじめ全ての債務についてを(債権者数・金額・金利・期間・返済額等)記入して用意していた(5年ほど多重債務期間があったので、詳細を調べるのに大変であったが、分かる範囲で詳細に書いた)。その書類を渡した(専門家が見れば私の債務状況一発で分かるはずだ)。
 
柿原弁護士はそれを見ると、首を傾げた・・・

そして、しばらく間をおいて返事をした。

「自己破産したほうがいいですね・・・」

(続く)

コメント
この記事へのコメント
明日、裁判所に審尋に行きます。
どんな事を話すのか不安です。
このブログは全部読みましたが他にどんな事を聞かれますか?教えて下さい<(_ _)>
2007/03/06 (火) 07:46:58 | URL | 優 #-[ 編集]
優さんへ
もう審尋ですか?早いですねぇ。
具体的な内容は毎回違うと思いますが、申立て記述内容や免責に関する内容に沿った基本的なことであろうとおもいます。不安でしょうが(私も不安でしたから)、聞かれて、考えてもとても返事が思い浮かばないような、難しいことや、こちらが返事に戸惑うようなことは聞かれませんので、、聞かれる内容をそんなに心配されなくてもだいじょうぶです。

ましてや、それで最終的に免責不許可になったりはほとんどしません(このほとんどというのが、また不安かもしれませんが、気にしなくて大丈夫です)。内容を少し書いておきます。

 現在は一人、または十数人が一緒の部屋に集まり、審尋を行うようです。ちなみに私の時は一人でした。15分位で終わります。
例えば、免責不許可事由に当たる人がいるかどうか?または当たることがありますか?といった質問がとぶ程度です。十数人が集まっている場合は手を挙げて答えるそうです。一人で審尋の場合は口頭になりますが、基本的に「はい」か「いいえ」で答えれば大丈夫です。

 「免責不許可事由がありますか?」

と聞かれて、手を挙げる人や「はい」と答える人はいませんので、余計な心配は無用です。問題は申立ての段階ですから、申立てが受理されていればその段階で、みな90%免責になっています。

落ち着いて、審尋を受けて下さい。
2007/03/06 (火) 16:24:23 | URL | 中村 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。