自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産の思わぬリスク(前半)7-4
「離婚・自己破産からの再出発」へのご訪問有難うございます。

自己破産後の話なのですが、引越しができないことに困りました。
賃貸住宅を拒否されてしまうのです。

自己破産のリスクはいろいろ言われますが、正味そのリスクはただ1つだと思います。

それは、ブラックになるということです。
それ以外には、私の体験上ではリスクはありません。裁判中の取立て等は別にしてです。

よく世間一般で誤解があるのは、破産すると、資格が取れなくなるとか、就職できなくなるとか、海外にいけなくなるとかたくさんあります。でもそんなことはないのです。

リスクはブラックのみといってもいいでしょう。
なぜ誤解があるのか?

それは、裁判が2段階になっているからです。つまり、自己破産というのは




①自己破産

②免責




このように二段階になっています。まず、自己破産という決定が先にきまります。すると、いわゆる自己破産者になるわけです。そこには、たくさんのリスクがあります。借金は全額残ります。また資格が取れなくなるとか、うんぬんかんぬんです。

しかし、すぐ後に、今度は免責という裁判が続けてあります。そして免責が決定したことにより、それらのリスクの一切全てが消えるのです。
なにものこりません。借金をする以前の、借金のなかった頃の自分の環境にもどるわけです。

ただ、信用機関がブラックに登録して、5~7年記録が保持されます。
それだけです。たまに他のサイトでも、自己破産のリスクとして、さまざまなことを書き並べているサイトがありますが、それは誤りです。誤りというのは、そのリスクを書いた後に、「それらが、免責後に全て消滅する」ということが書かれていないサイトがあります。


それでは、リスクがたくさんあると思ってしまいます。

通常は、自己破産申し立て後1~2ヶ月後に自己破産が決定し、さらにその後2~3ヶ月後に免責の決定がされます。
(つづく)



コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
いつも拝見させてもらってます。
リンクもありがとうございますね☆

ところで、気になったんですが、
自己破産後は賃貸住宅が借りられないって
本当ですか?
免責がおりた後でもですか?

近い将来引越し予定があるんですが
(でも相方の名義だと思いますが)

ちょっと心配になったものでスミマセン!
2006/06/01 (木) 14:50:57 | URL | みんみん #xjc7fkBo[ 編集]
みんみんさんへ
こんにちは!

そうなんです。つまり、賃貸契約の際、クレジットカードの契約時に審査するのと同じように、賃貸でも信用機関の審査をするところが増えているのです。免責がおりても、ブラックは信用機関に残りますからそうなります(5~7年残ります)。

内容は7-5の記事に書いてあります。

全部が全部ではないです。増えてきているということです。審査をしないところもあると思いますので、なければ関係ありません。

相手方の名義ならまったく関係ないです。あくまで個人の問題ですから。

あと、安い賃貸ならOKだと思います。高くなるほど、やはり信用も高くなるので審査をするところは多いと思います。

そんなに心配はいらないと思いますよ。


2006/06/01 (木) 15:20:28 | URL | ポン太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。