自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受理証明書(自己破産)
・・・続き。

 自己破産の申し立てが受理されると、控えの受付票(受理証明書)をもらいます。
 この時点(受理)で裁判が始まり、債権者の取立て等も規制されるようになりますが、こちらから債権者に一言連絡をいれないといけません。裁判所から連絡は行かないからです。連絡は口頭でかまわないのですが、私のように専門家に依頼していない場合は、取立てが来る場合がありますので・・・
 控え(受理証明書)のコピーを郵便で連絡するようにしたほうが安全です(FAX等でもいい)。

 私は、地裁からの帰り道、コンビニに立ち寄り、全債権者分のコピー(12社)を取りました。そして、帰宅後すぐ各社宛に一筆を書き(ワープロ)、封筒でそのコピーを郵便で送りました。同封した一筆の内容は次のような内容です。

通知書

「 前略

 私の債務整理の件についてご報告いたします。

 現在私は、12名の債権者より合計金600万円の負債を負っていますが、私の収入、経済状態ではとても右債務を返済することができません。
 
 そこで、この度平成○年○月○日、○○地方裁判所に自己破産の申し立てをし、同日、同裁判所平成○○年(フ)○○○号破産事件として受理されました。
 
 従いまして各債権者におかれましては今後右裁判所で進められる破産手続きにご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 早々
 (自分の住所・名前)
 
 債権者各位 」


こんな内容です。 この直後、9社からはピタッと請求は止み、現在まで何の接触もありません。

ただ、残り2~3社からは少々問題がおこりました。

(つづく)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。