自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産もまず相談から。
 自己破産でも他の債務整理でもそうですが、相談ってとっても大切です。

 でも、相談というと、ついついおっくうになりませんか?

「法的解決」

なんて聞くだけで、なんだか重いドヨ~ンとした感じがします。

私も、初めて公的機関に足をはこんで相談に行くまではそんな思いでいっぱいでした。

ですから、その相談というものが、なかなかできずに、だらだらと借金の返済を自転車こいでくりかえすばかりでした・・・
 たとえば、弁護士に相談するっていっても依頼するのにお金がない。

借金のはなしをするのもなんだか気が引けてしまう。

信用にきずがつく・・・などなど不安だらけでした。


でも、じっさい相談っていうのは、そんな重いものではないんです。

なんでもかんでも法的に処理してしまうわけではなく、また、依頼するための相談でもないんです。

もちろん、依頼のためであるときもあるし、法的処理をするためというのもあります。

でも、相談は、ふだん私たちが意識するほどかたっくるしいものではなくて、予防的なものでもあります。

例えば、150万円の借金があり、ちょっと返済が生活を圧迫してて困っているといった場合に、素人ではなく弁護士など(司法書士などの専門家や公的な法律相談)にとりあえず相談をしてみる。

そうすることで、客観的な意見が聞けてこれから先の見とおしがはっきりしてきます。

・このままでも頑張って節約して返済すれば大丈夫!

・あなたの返済はもうすんでますよ、借金はありません、逆に支払ったお金が返ってきますよ(過払い返還金)。

・ん~ちょっと危ないねぇ、債権者と相談して毎月の返済を調整してみたほうがいいかな(特定調停・任意整理)


など、いろんな視点から的確な意見が聞けます。

まず大切なのは、早めに相談して、手を打つことです。

・・・・・もう手遅れだね、家計をやり直して立て直しをしたほうがよさそうだ(個人再生・自己破産)。

というのでは、もう遅いわけです。その前なら、自力返済も特定調停、任意整理などいろいろ方法があります。

自力返済なら予防そのものですし、特定調停や任意整理でも、自己破産などの予防にあたる借金の整理方法です。

自己破産はあくまで最終手段ですから、その前に予防として、早めの相談が大切です。

これが、意外と自分では判断を誤ってしまうところなので、専門家などへの相談が本当に重要です。

当ブログへのコメントでも、誤解されている方が多くいらっしゃいます。

たとえば、自己破産すると資格がもてないとか、ギャンブルは免責不許可自由になるから、自分はギャンブルで借金したから免責されないんだとか、間違いだらけです。

たしかに、自己破産すると資格はなくなりますし、ギャンブルは免責されない理由のひとつにあげられます(不許可事由)。

でも、でも、自己破産後に資格はもてます。持っていた資格ももとにもどりますし、ギャンブルで借金しても自己破産の免責は全てではありませんがその多くは免責を受けられます。

かたよった自分だけの判断はとても自分を不安定にしつつ、さらに自分を不安にします。

多重債務者のなかで相談を実行する人はまだまだ一部だそうです。多くの人、その9割の人が利息制限法の問題を知らないそうです。

おそらく過払い金返還のことも知らない場合が多いと思います。

素人判断はほんとに自分を悩ませる大きな要因そのものともいえますので、まず弁護士らの専門家に相談することをお勧めします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。