自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第10話~借金返済の終わり
・・・自己破産体験記の続きです。

破産課職員「中村さ~ん。

      お待たせしました。

      自己破産申し立てについてですが受理いたしました。」

意外とあっさりした返事。

でも内心私は「ホッ」としました。

この瞬間に、私の借金生活は実質的に終ったといえるものでした(自己裁判をしたため後日強制執行等が発生はするが・・・それは後に記します)。
 実際、この時を区切りに返済はストップします。基本的には、滞納等があった場合にも、これ以降取立てなどはきません。

ですので、自己破産を申し立てた時に、実際はその人の借金生活は終わりです。

 次の日から、給料などは自由に使えます。なにも負担はなくなります。貯金ができます。

ただ、クレジットカードやキャッシングカードなどは全て使えなくなります。

それは気持ちを入れ替えればいい事と思います。


 「もうキャッシングはしない」


 「クレジットカードは使わない」


そう心がければいいのではないでしょうか。

もっとも現金を使うようにすればそれでいいわけですから。

・・・こうして「自己破産の申立て」も無事受理されたわけですが、後から考えれば、ここまでがなんと長かったことか・・・。毎日債務返済ののことを考え、お金の調達に苦労し、月末は自転車操業に走り回る生活でした。日々なんの余裕もゆとりも無い生活で、心身ともに疲れきっていました。もう明日から、その心配は無いと思うだけで、どれ程気持ちに余裕ができたことか。

そういえば以前に山形県で、なんと警官が、殴って引ったくりをしたという事件がありました。もちろん警官は逮捕されましたが、警官が強盗!?を働いたということもあり、大きくニュースで流れていました。動機は消費者金融に数百万円の借金があったというものです。


窃盗は懲役10年以下の重い罪です(刑法235条窃盗罪)。この警官は殴って相手(おばさん)を怪我させたそうですので、強盗致傷罪になる可能性があります。その場合は無期または6年以上の懲役です(同条240条強盗致傷罪)。最高で、無期懲役になることもありうるということです。 

消費者金融に数百万円の借金があったとしても、「自己破産」のように法的な救済の道があります。犯罪を犯してしまっては、また命を絶つようなことをしてしまっては、元もこうもありません。手続きを取るだけで、人生をやり直せる方法があります。

なのに、道を誤ってしまうのは、借金ゆえの恐ろしさだと思いますが、きっぱり自分にけじめをつけて、人生をやり直すための手段として、法的な救済の選択をしてもらいたいと思います。




・・・・・その後、私は各全債権者に自己破産申立て受理の通達を行いました。しかし、想定外のことが起こります・・・
(続く)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。