自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第31話~借金が消える免責直前の専務からの電話
・・・自己破産体験記の続き。

自己破産の免責決定まであと少しと迫ったそんな時期、突然・・・

従業員A「中村さん」

私「はい」

従業員A「専務からお電話です」

(え~、またか~)

私「お待たせしました。中村です。」

東条専務「免責はまだかね」

私「・・あっ、はい・・、今月中には・・・」
そう、また専務からの催促が来てしまったのです。

審尋をおえて、1ヶ月たち2ヶ月たち、なかなか決定がでない。

すごく長引いている。

もっと早くでるはずなのだが、・・・免責決定がでない・・・

強制執行(給料差し押さえ)は進行中だし、取立ての電話も相変わらずまだ来るし、いい加減苦しい状況になって着ました。

近年ならすぐ決定は出ますが(2ヶ月位で)、当時はそれはそれは時間が掛かりました。
私の場合は、それに輪をかけ時間が掛かったのです。

ほんとに毎日毎日、その一日が長かったです。

決定がでるまで、ひたすらじっと我慢して待つのみの状況です。

この頃、弁護士も

「遅いね~。もっと早いはずんなんだけどね。タイミング的には今回はとくに自己破産者が多い時期みたいだ。」

と首を傾げていたので、心配になりました。

ただ、生活自体は安泰です。

もちろん借金の返済もなく、給料が差押え(強制執行)られているとはいえ、毎月21万円の収入は手元に残りましたから、不便なことはありませんでした。

 知人とたまには外で一緒尾に呑んだりもできてましたので、私生活はそうした面ではいたってのどかでした。

自己破産前は、毎月20万円を越える返済に追われ、お昼の500円の弁当すら買えずに、おにぎりですまさなければならないような、本当に借金の返済に追われる毎日でしたから。

それに比べれば、自己破産裁判中とはいえ、毎月21万円は自由に使えるわけですから、とても余裕のある生活ができるのです。

 ただ、変わらず自宅のポストにヤミ金のチラシは毎日届いていましたから、幾分精神的にはいろいろ思い悩む面もありました・・・
(つづく)

コメント
この記事へのコメント
今こそ出発点
リンクの件、そして体験者としてのご指摘・アドバイスをどうもありがとうございました!

中村さんのブログを「転機7-1」まで拝読させていただきました。

今では考えられないような、給料差し押さえ、申し立て通知後の取り立て等、大変な経験をされた事を知って、自分の甘さを痛感いたしました。

私にとって、中村さんとの出会いが転機となるかもしれません。「今こそ出発点」の言葉には、私も心を揺さぶられました。

続きを、追い追い拝読させていただきたいと思います。
今回の件は、本当にありがとうございました。

2007/09/09 (日) 10:40:18 | URL | mina #-[ 編集]
mina様へ
アドバイスと言えるものではありません、恐縮します。ご質問があれば遠慮なくいつでもどうぞ。狭い知識ではありますが、わかる範囲でお答えします。逆にminaさんが気がついたことがあればどうぞご指導ご鞭撻頂きたく思います。そうして頂けると私自身の勉強にもなります。

「転機7-1」を読んで頂きありがとうございます。私は
「今こそ出発点」の「今頑張らずにいつ頑張る」という問いかけのメッセージが好きです。自分へのムチとなる言葉です。

クヨクヨ~メソメソ~はよくない。がんばろう!と思えるよう励みになる言葉です。コメントを頂いて、改めて私もまた頑張らないと、と思いました。鬱っぽい状態の人らに対しては、励ましはよくないなどとも聞きます。でも、やはり自分を奮い立たせる「何か」が、自分の気持ちの中には必要なのではないかと、いつも思います。

悩むことは多いです。でも、がんばりたい。そう思います。

お互いがんばりましょう!

コメントありがとうございました。



2007/09/09 (日) 14:39:47 | URL | 中村 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。