自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第40話~自己破産後のデメリット
・・・自己破産体験記の続き。

 こうして自己破産を終えた後、生活はもとに戻りました。その後のデメリットがなにかあったかといわれると、実質的にはとくにこれといったことはありませんでした。

こうしたことを心配される方が多くいらっしゃいます。でも、自己破産したからといって、そんなことが起こることはまずありません。

 たとえば自己破産したことで就職(転職)できないとかといったことはありませんでした。その後一度転職しておりますが、そもそも転職先の会社に、自分が「自己破産」したということはまったく分かりません。
 他に、お役所関係の戸籍などにも残りませんので、これといって私生活の中で自分が自己破産したと分かりうるものはなにもありませんでした。

 ここで気になるのが、自己破産につきもののいわゆる「ブラック」、信用情報のキズですが、これは当然あります。

 クレジットカードはもちろん新たに消費者金融(サラ金)からの借り入れは難しくなります。

ただ、自己破産して新たにサラ金から借りる必要性を考えると、それは無用かと思います。

 クレジットカードも使わなければ済むことです。ただ、海外で車をレンタル(レンタカー)するときは、クレジットカードが必要な場合などがアメリカでは多く見られるので、そうした場合に少々不便もあるかも知れませんね。

 住宅ローンなどは難しいのではないかと思いますが、この点はよくわかりません。通常無理であろうと思います。ただ、毎月定期に預金を続けていた人が、3年程でローンを組むことができるようになったという話を弁護士から聞きました。信用もあとからついてくることもあるのだと思います。

 私個人は、ショッピングなどの消費をほとんどしなくなりました。必要以上に買うことはもちろんしませんし、衝動買いもしません。自己破産後お金を使わなくなりましたので、そうした点ではあまり不便は感じておりません。

 買い物をしなくなった代わりに、スポーツジムにいったりして、身体を動かしたりして、健全に生活しています。

 自己破産後は、人それぞれの生活の仕方で不便さや心の満足感も変るのかなと思います。

 破産者にお金を貸しますといったものをよく目にしますが、借りる人がいるんでしょうね。なぜかりるのでしょうか?再びお金に困る状況(借金)が生じてしまっているということなのでしょうか。

 破産しても、再び破産することができます。以前は10年の期間内は不可能でしたが、たしか現在は7年に短縮されています。

 そうした二度目の破産を想定しているくらいですから、いるのでしょう。自営や会社なら、分かりますが、個人の多重債務は、もう二度としないように、私も当然に含めて繰り返さないようにしなければと思う今日この頃です。
(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。