自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2話~借金苦の生活
・・・自己破産体験記の続き。
 
弁護士会館をはじめ、この自己破産裁判経験や、またブログを書くことで、私はほんとに多くのこうした借金に苦しんでいる人の現状を後に見る事となりました。自分自身を含め、いろいろ考えさせられました。借金(お金)に関する考え方や、生活というものの受け留め方、人の生き方というものそのものなど、様々です。

 何よりも一番ショッキングな出来事は、借金苦で自ら命を絶った人を目の当たりにしたことでした・・・
 人間は、そうした現場では本当に無力です。自ら命を絶った人も無力なら、見てるほうも無力です。なにもできません。後に家族悲しむ声が聞こえるだけでした。借金はそれなりの責任があります。しかし、それでもなお尊いものがあると思います。私も借金返済当時は、いい加減な振る舞いや考えが多くあったかもしれません。

 相談をしたのだろうか?していないのなら、相談していれば状況は違っていたのではないか?ふとそう思いました。

 こうした他の借金に苦しんでいる人の現状を見てきて、自分の考えも変ってきました。今は真剣に考えるようになりました。お金は自分にとって、また世の中にとってなんなのか。経済的に失敗したり、経済的に苦境にさらされる人と社会の関係はどうなのか。

そんなことをその頃色々自問自答するようになりました。そのことがその後の自分の生き方を変えてゆきました・・・。



 「あの赤ちゃんを背負った女性は、今幸せな生活をおくっているのだろうか?」

今も気になります。



 「弁護士会館」は全国にあります。困っている内容(相談)を話すと、弁護士を探して紹介してくれます。例えば「借金の問題」だったら、「債務整理」関係に詳しく、また自宅から近いところに事務所のある弁護士を探してくれます。弁護士といっても得意不得意の分野はあるようです。民事でも商法関係に強かったり、不動産関係に強かったりいろいろ専門があるようです。ただ、医者なら内科と外科というふうにはっきり分かれていますが、弁護士にはそうした区分はありません。素人には大変分かりづらい。

 その点、こうした案内は助かりました。また、こうした適切な機関に相談に行かないと、弁護士の方もどこの馬の骨だか分からない人物が突然来ても警戒します。病院と違って、依頼を拒否される場合も無くもありません。したがって、公的な機関から紹介してもらえば、安泰です。

また法テラス(日本司法支援センター)は法制度の説明や法律サービス機関の紹介等の「情報提供」の利用ができます。気軽な問いあわせができ、相談件数も、借金関係が全体の3割をしめています。一度相談してみましょう。

※法テラスについては、以前「自己破産 相談窓口」の記事で詳しく書いてありますので、そちらを読んでください。

(つづく)

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。はじめまして。前からなんとなく(すみません)お邪魔してました。私もようやく破産決定通知が来ました。それで、思うに、なんだかんだ言っても、要はやっぱり自分の金銭感覚の修正を計らないと、破産後もおなじ運命をたどるような気がします。実際、一度破産をしたのに、相変わらず毎日多額のお金のやりくりで奔走している友人(もう友人ではありませんが)をみています。再婚して姓が変わったから・・という安心が招いたものでしょうか?いや~。やはり本人の金銭感覚だと思います。勉強するには痛手でしたけど、二度と繰り返さないよう肝に命じたいと自分に訴えてます。これからもよろしくです。
2007/10/12 (金) 01:12:28 | URL | piapi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。