自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産後のデメリット3
・・・自己破産体験記の続き。

 自己破産後のデメリットについて、もう個人信用情報の傷、いわゆる「ブラック」の問題について、個人的な意見を申し上げたいと思います。

信用情報機関の登録は、例えば「全国銀行個人信用情報センター」の場合、官報官報(公告された破産・民事再生手続開始決定等)の登録期間は、「当該決定日から10年を超えない期間」となっています。つまり、登録期間は最高で10年はあるということです。
もちろん、先に述べた、引越しの際に信用情報がブラックに引っかかったけれども、交渉で信頼を得られたという体験も実際はありますが、やはり、記録そのものは10年位残るんだと思ったほうが賢明です。

私がいうのもなんですが、「ブラック」は、10年を肝に銘じて、借金をしない生活を送るよう心がけることが大切だと思います。

ただ、そういうと、

「最低でも5年はお金を借りられないのか」

「いや、へたすると、10年は借金できないなあ」

「どうしよう。。。」

と、自己破産後のローンや借金金を危惧・心配される方がいらっしゃいますが、その点は逆に

「もう借りないぞ」

と肝に銘じて、毎月の給料の範囲で生活をやりくりし、借金を再びし、多重債務に二度と陥らないような心がけのもと行動していくことが肝要だと思います。

借金をした理由はひとそぞれ違うと思いますが、自身の返済計画の見誤りも否定できないという方も少なくないと思います。

まず、破産後は、免責を受け借金がなくなったことをチャンスに、生活の基盤を立て直して、堅実に家計をやり直して生活を整えていくことが大切だと思います。また、その上で、長い借金生活の中で悩み傷ついた精神状態を新しい生活とともにリフレッシュしていくべきだと思います。

米国では、「自己破産」は「リフレッシュスタート」などと呼ばれます。

家庭があれば、妻や夫や子供に対し、様々な思いや葛藤などもあったかもしれません。「自己破産」を良い好転のきっかけにして、全てをリセットして、人生をやり直していく原動力として活かしていくべきだと思います。

そういう意味でも、単に「ブラック」をお金が借りられなくなる一定期間の信用のキズだと考えずに、自身をリセットして、限られた範囲で堅実に生活していく足固めの重要な期間だと考えて、有益に日々を過ごしていけば、その意味も自分にとっては大きく違ったものになることと思います。

反対に、そうしたブラックを恐れるばかりに「自己破産」を避け、自転車操業を繰り返す多重債務の借金漬けに苦しむ日々を過ごし続けるのであれば、それこそ本末転倒ではないでしょうか?

心を入れ替えて、1日でも早く借金の生活から抜け出して、新しい人生をやり直してもらいたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/03 (水) 16:28:41 | | #[ 編集]
破産免責から8年
こんにちは
はじめまして
ブログの内容とは少しちがうかもしれないのでご了承ください。
わたしはタイトル通り免責がでてから 8年がたちました。いま乗っている車が故障しはさばめそろそろ買い換えの時期だなあと思いディラーで中古車を買おうと思い審査落ちしましな。今の会社に入ったとき会社の人に前の会社辞めたのはなんでといわれあまりひとに破産したのはなしたくなかったので嘘をついて7年過ごしていました。
落ちたはなしをしてひつこくきいてくるから
正直にはなしたら、同い年の友人はふかくはいってこないけど違う人は陰で切れてその友人にはなしなてるそうです。
世間体には確かに趣味でできた借金を踏み倒した訳ですか やはり車は必要なわけだし
親の名前でかっていけないのでしょうか?
車買った話しは会社の友人以外はなしてませんが車買った話ししたらすごいことになりそうでこわいです。いまでさえ精神てきにまいってるのに。破産以外の事でいやになります。
2012/09/15 (土) 10:43:36 | URL | きくお #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。