自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産のデメリットとメリット
多重債務で自己破産した私の体験からの意見を書きます。

自己破産といえば誰もがその「デメリット」を一番心配されます。

私もそうでした。眠れないほど不安でした。

でも、これがほんとに何をピックアップして書けばいいんだろうというくらい、実際に自己破産してしまえば、デメリットって少ないのが現実だったというのが私の感想です。

もちろん自営業や会社の破産の場合には問題も多々あると思いますが、消費者金融からの多重債務であるならば、個人での自己破産によるやり直しは、法的やりやすくなっています。

また少なくとも、多額の借金を背負い、毎月の生活を圧迫するほどの返済に追われる続ける日常と、自己破産してやり直す日常の生活とを比べれば、それに比するデメリットは無いといっても言い過ぎではないのではないかなと思います。
もちろんブラックは残ります。

金融関係の信用機関に記録が5~7年ほど残るため、新たにキャッシングやローンを組むといったことはできなくなります。

でも、多重債務の生活には未来が見えません。

【借金まみれの生活のデメリット】
「逆にブラックを敬遠するばかりに、借金まみれの劣悪な生活を日々繰り返すより、一日でも早く法的処置に頼って、健全な生活を取り戻し、新たな健全な日々を繰り返すほうが賢明です。5年後、完済できる確実な見込みが生じるのならそれはそれでよいと思います。でも、殆どの多重債務者は、すでに経済的に追い込まれている状態ですから、完済の目処が立たないのが普通です。それどころか、頑張るあまり、返済を無理すれば、5年~7年後には今の借金が3~5倍に膨れ上がっていることと思います。それより、自己破産してやり直せる生活のその後の5~7年を大切に堅実に過ごしなおしたほうが良いと思います。」


そうは言いつつ、そういう私も、自己破産する前には、デメリットについて、自己破産すると家財道具や車なんか全てを差押えられて、最低の生活を送らなければならないのではないか?などと不安を一杯に抱え、毎日心配していました。

でも、自己破産してみて、実際そんなことはありませんでした(私は同時廃止でした。裁判中にいくつかトラブルがあったことは体験記に記したとおりです)。

私は会社員(サラリーマン)でしたが、何一つ差押えられたものはありません(自己で裁判の為、一部強制執行あり:体験記にて)。

賃貸住宅の家財道具もそのままです。

生活は、もとの借金のない生活にもどりました。

こう見ると、なんだか自己破産するといいことずくめで、逆に疑わしくも思える面があるのですが、破産者に対する最後の経済的救済処置(制度)が「自己破産」という制度なので、このように借り手には生活をやり直せるように手厚い保護になっています。

少しでも借金の負担を債務者に残して、その残額の返済に責任を持たせるという処理方法も考えられます。実際にそうしたケースもあるとききます。

でも、おおくの場合は、破産後に借金を残し、返済の責任を少し残して返済をさせるということをやると、それでは結局またどこかで経済的につまづいて、借金の返済がうまくいけず、もとの多重債務借金生活に戻ってしまう可能性があります。

それでは救済の趣旨がいかせられない。

だから完全に借金をゼロに免除して、一からやり直せるチャンスを持たせるというのが「自己破産」制度であり、その趣旨でもあるそうです。

今苦しんでいる人には、法的処置を活かして、一日でも早く生活をやり直してほしいと思います。

copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。