自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産への抵抗(デメリット)
自己破産に対し、必ず多くの人がなんらかの抵抗を感じておられます。

借金は、完済するに越こしたことはありませんし、完済するべきものです。
ただ、問題なのは、

「返済に行き詰まっていないか?」

ということです。今後、2年、3年、5年後を見据えても、返済の目処が立たないような状況に今なっていなか?ということです。あちらから借り、こちらから借り、といったふうに、自転車操業状態になっていないでしょうか?

もしそのように目処が立たないような状況ならば、今も、これからも、健全な生活はおくれません。借金に悩むばかりの日々が続くことになります。

自己破産に抵抗を感じない人はいません。でも、返済に行き詰まっている現状にこそ抵抗を感じるべきです。多重債務も、自己破産も、どちらもマイナスなことですが、自己破産には少なくともまたやり直しができる道があります。5年後、10年後ではなく、自己破産の申し立てをした数ヵ月後には免責を受け、借金はなくなります。

その免責後から、借金のことに悩むことのない新しい生活を始めることができます。
7年程はローンを組んだり、クレジットカードが作れないなどのマイナス(デメリット)はありますが、借金苦のマイナスと、自己破産のマイナスを比べて選択を考える場合。借金から開放される新しい生活を選択されるほうが、どちらにもマイナス面があるにせよ、健全な日々がおくれるはずです。

今、日々取り立てに困っているのであれば、自己破産の申し立てをすることで、取り立ても止みます。

弁護士などに相談を持ちかけるのには、思ったより「勇気」がいることです。踏ん切りがいります。私もそうでした。相談する行動に出るまでに何ヶ月もかかりました。

今振り返れば、一日でも早く、相談しておけばよかったと思っています。

今、この記事を真剣に読んでくれているあなたも、きっと、どうしようか迷っている事と思います。少し勇気を振り絞って、弁護士(法律事務所)に一度相談をしてみて下さい。

自己破産るすかどうかを決断するのは、それから考えてもよいことですから。
相談するだけでも、少しは今の気持ちが楽になることと思います。

頑張って!

copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。