自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車操業での回避!
自転車操業時の話。

自転車操業の意は、

「(自転車は走るのをやめると倒れることから)資金の借り入れと返済を繰り返しながら、かろうじて倒産を免れ操業を継続すること。また、そういった経営状態。」

と辞書には紹介されている。私は、自転車操業では失敗をした。借金に追い詰められた際、つまり返済金が用意できなくなってしまった時、最後の悪あがきに自転車操業をしてしまった。

借金を返済しようと、徹底的に、とことん、自転車操業をしたのであるが、どんな風に自転車操業をしたかという話をします。

当時(5年前)、その月の返済金の用意ができなかった私は、とりあえず生活費で返済金をまかない、それを一旦ATMに突っ込み、返済しました。数社ありましたが、1社大体15000円位の返済です。

各社枠いっぱいいっぱいで借りていたので、余分には借りれません。しかし、15000円を返すと、すぐさま8000円位利息が取られ、残りの7000円が空きますので、その直後に7000円をすぐ引き出しました。

今はこんなことしなくても、聞くところ、利息のみ返済ができるようですね。


そして各社、このように利息のみ返済して、元金は減らない日々でした。

元金が減らない上に、利息はそれだけで、10万近くありましたので、生活はそれだけでも圧迫されていました。

当然、更に他の金融機関からお金を借りないと返せない状態であり、他から更にかりました。

借りるといっても、直接現金を借りるのではなく、たとえば、キャッシングをするのではなく、クレジットカードで買い物をして、返済をリボルビング払いにしたり、ボーナス払いにしたりして、支払を先延ばしにしました。

もちろん、新たにキャッシングをしたりもしましたが、借りれる額が、50万から30万。30万から10万と減っていき、そのへんの大手の消費者金融では、最終的に借りれなくなりました。

ほんとにもうどこからも借りれられなくなり、あとはヤミ金しかないと思ったとき・・・

他に昼は会社、夜は深夜までバイトをして稼ぎましたが、足りない・・・

その時が、限界でした。

自転車操業は、借金を回避するとりあえずの手段だと思ったのですが、間違いでした。

今思えば、自転車操業に踏み込んだときが、限界だったのだと思いました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。