自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金の悩みを相談し、債務整理、自己破産等の解決へ
借金がたまり、返済に困る。自己破産しそう。どうしようかと思う。他から借りて、返済にあてる(自転車操業)。アルバイトなど仕事、収入を増やす。でも、ちょっと収入が増えても、あちらこちらから借りても、もうどうやっても返済が困難な状況になる。

やはり自己破産してしまう。こんなな状態をどうすればいいのか悩む。いわゆる、多重債務状態。
自己破産しないため、銀行や消費者金融にも、返済額を減額してもらう。でも、それでもどうしようもない。

「もう、返済が追いつかない。。。」

借金に悩まれている方の多くが、こうした状態に追い込まれいます。そして、ひとりで悩まれている方が、ほとんどです。

私も同じ状況でした。わたしの場合、直接銀行、消費者金融に足を運び、窓口で返済額を減額してもらえるよう頼みました。また、当面の返済を補うため、新たな貸付の限度額を増やしてもらえるよう頼みました。でも、8社近く足を運んだすべての金融機関に断られました。

さらに、仕事のほかに、夜間や、休日にアルバイトもしました。でも結局、返済に首がまわるようにはなりませんでした。
今思えば、もっと早く法律機関の相談窓口へいけばよかった。それが最善だと思いました。

早ければ早いほど、解決方法があります。はじめは、なぜ法律相談?と思う方もいるかと思います。

借金問題は、収入を増やすとか、返済額を毎月減らして、返済の負担を減らし、完済できるように進めるのが、一般的な方法です。

でも、法律で、また、弁護士等の助けで解決できることが多くあります。例えば、私は多くの金融機関に足を運び、返済額の減額を頼みましたが、断られました。返済額が減額されれば、毎月の負担が減り、返済も楽になります。

でも、直接自分で金融機関の窓口にいっても、私のようにまともに取り合ってくれないのが現実です。しかし、弁護士に頼んで、交渉してもらうと、あっさりと返済額を減額してくれる場合があります。いわゆる「任意整理」といわれる債務整理の方法がこれです。

同じ返済の減額をするにしても、自分でやるのと、弁護士等に頼むのとでは、実際にこれほど差がでるのが現実です。

細かなその理由(法律的こと)は、またの記事に書きたいとおもいますが、法律でカバーできること、解決に向かう方法、返済を楽にできる交渉など、今の借金問題には、法律が助け舟になることが、多くあります。

素人にはわかりませんし、直接金融機関に行っても、相手にしてもらえない場合が多くあります。


ですので、何度もこのブログでもお伝えしているように、借金に困ったら、その時点で弁護士等の法的機関にまず相談することです。そこでは、あなたの借金を、返済額を返済回数を増やし減額し、毎月の負担額を少なくする方法や、場合によっては、借りて返済したはずの金額が、戻ってきたり、残っているはずの借金そのものが、もう返済する必要がなくなったり、そんないろんなケースがあります。

あまりに借金が大きすぎて、返済がもう無理な場合。私は、毎月の収入が20万ほどでした。借金は6~8社から総額600万円程でした。毎月の返済額は15万円ほどになり、もう生活ができない状態でした。

私は、自分で、金融機関に直接交渉に行ったり、アルバイトをしたり、他社から新たに借りたりと、いろいろしているうちに、日に日に借金が膨らみ、返済も膨らみ、どうしようもない状態になりました。

私の場合は、法律機関に相談に行くのが、遅すぎたのです。最後の手段として、「自己破産」の方法を取るしかありませんでした。法律機関に行くまで、6~7年借金に悩みました。法律機関に行く直前の1~2年間は、大変苦しかったです。経済的な生活面はもちろん、なにより、精神的にボロボロになりました。

自己破産をするとなった時は、さらに苦しい思いでした。最悪な気持ちでした。


でも、今振り返り思えば、自己破産は良かったです。経済的にも精神的にも。

それは、何より、自己破産した時点から、経済的な困難はなくなりました。自己破産の申請の手続き自体は、1~2週間です。それから、まず、借金の返済が無くなります。この時点で借金が帳消しになるわけではありませんが、借金を返済しなくてもよい状態になります。ですので、私の場合は、毎月返済していた15万円ほどの借金返済をしなくてよいようになりました。

ほんの、1~2週間前まで、毎月15万円の返済に四苦八苦していた毎月の経済的な困難が、パッと嘘のように、無くなったんです。返済額はそれこそ1円もありませんでした。

給料の20万円は、まるまる生活費として、その月から使えるようになりました。信じられないほど、楽になりました。現実的には、借金がないじょうたいと同じでしたから。もちろん、あれから10年程立ちますが、今日まで、その日以来、借金はありませんし、当然返済しなければいけないものもありません。

もとの、借金のない状態、生活を普通に過ごしています。「自己破産」をした時、「自己破産」をするということに、精神的に苦しみましたが、その精神的な苦しみは、借金のない日々を過ごしてきたことで、癒されてきました。もちろん、反省を持ったうえです。

個また、個人的には、いわゆる「リスク」と言ったものはありませんでした。もちろん、クレジットカードが作れない、新たなローンや、融資が受けれない状態は、自己破産後数年続きます。それが「リスク」とは言われますが、クレジットカードも、結局は後払いの借金ですよね。

私は、自己破産後、1円も借金をしていません。もちろん、クレジットカード等の後払いのカードも使っていません。でも、一度も不便を感じませんでした。ですのでいわゆる「リスク」を感じませんでした。借金では困りましたが、「自己破産」で困ったり、悩んだりしたことは、自己破産する時だけで、それ以降はありませんでした。

ですので、自己破産してよかったと思っています。また、弁護士に相談にいってよかったと思っています。後悔は、もっと早く行っておけばよかったと思っている事です。

もしあなたが、今借金に悩まれているのであれば、一日も早く、弁護士会館等の借金相談窓口へ足を運んでもらいたいと思います。。。

(※自己破産については、私は自分ひとりで申請をして裁判をしました。もう10年以上前になります。裁判にかかった費用は4万円程でしたが、期間は約10ヶ月かかりました。体験記に書いておりますが、自分で行ったため、債権者から直接交渉がきたり、給料の差し押さえがあったりしました。弁護士に依頼した場合、このようなことはあまり無いようにききます。また、裁判の手続きは、今はより早く、より簡素化されているとききます。) 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。