自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パチンコ依存症!
借金の改善には、借金体質の改善が不可欠です。

借金といえば、ギャンブルがつきものですが、こと自己破産原因に至っては「やっと免責が決定!」の記事でも書きましたが、ギャンブルが原因というのは実は少ないのです。この事はここでは詳しくは書きませんので、興味ある方は「やっと免責が決定!」の記事を読んで下さい。

ここをクリックすると記事が見れます。→「やっと免責が決定!」

一部のマスコミ等では、

「浪費やギャンブル等(浪費・遊興費・ギャンブル)を原因として、あっけらかんとする、安易な破産が多いのはないか」

と報道されています。

がしかし、それは全体の4%にしか過ぎません。

そのことはさておき、それでも借金がギャンブルと密接な関係にあることは、間違いないでしょう。
ギャンブルで一番身近なのが、

「 パチンコ 」

ですね。

これほど身近で、しかも大きく損をしてしまうギャンブルは他にありません。

また同時に、これほど気軽に確実に稼げるギャンブルも他にないですね。

というのは、スロット等の場合には、出る台のその日の確立が決まっていて、その確立を読める台があります。当然をれを知っているつわものは、朝から行きその台を見つけて、稼ぐわけです。仮にその台が他の人に取られていたら、わざわざ確立の低い台に座ったりしません。立って缶コーヒーでも飲んでます。そうやって月30~50万円位儲けてます。私の友人が事実そうして稼いでいます。

しかし、普通の人は、そんなこと関係なく、当たる興奮に呑まれて、やめられず、借金をする人の方が多いのが現状です。

この興奮というのが厄介で、医学的にもひとつの病気に当たるものだそうです。意志の強弱の問題ではありません。

「 パチンコ依存症 」

です。

大損こいて、店内のトイレで自殺をしたり、駐車場の車内で子供が死んだりする事件が後を絶ちません。

パチンコでの多重債務者は、国内に一千万人以上居ると言われています。

パチンコを止められない人は、ただのギャンブル好きとは思わず、病気だと認識し対処した方が楽かと思います。

パチンコ依存症の正式な病名は

「 病的賭博 」

というそうです。国際疾病分類ICD-10の「精神および行動の障害」の「成人の習慣と衝動の障害」という項目に掲載されている、れっきとした、病気だそうです。

病気ということは、意志が強いの弱いのではなく、その改善には、治療を要するということです。

あなたはパチンコに依存していませんか。借金解決は、まず借金体質の改善からです。

このパチンコ依存に対する特徴は、次のようなものです。

①異常な欲求がある。

②衝動的行動のコントロールができない(ブレーキがきかない上、止め ようと思っても止められない)

③多数の被害がある(金銭被害や生活被害等また、家庭崩壊、職場不適 応、自殺、犯罪等)

④被害があるのに繰り返す(再発)

あなたは大丈夫ですか?当てはまると思った人は、借金解決の前提として、まずはこの借金体質を起こす原因のひとつ、パチンコからの改善を真剣に考えるべきでしょう。


コメント
この記事へのコメント
パチンコから借金を作る人いますが、ギャンブルなので自己破産(免責)は不可能では?
たとえ病気(依存症)から行くギャンブルでも、さすがにギャンブル経由での破産は無理だと私は思いますが…
パチンコなどギャンブル原因で免責が認められたケースないだろうなぁ。
2006/06/20 (火) 22:59:40 | URL | あき #-[ 編集]
あきさんへ コメントありがとうございます。
 ギャンブルが原因でも自己破産(免責)が可能な場合はあります。
免責不許可事由が認められる場合でも免責不許可にするか否かは、裁判所の裁量にゆだねられています。
 そして、現にギャンブル原因で免責が認められたケースの判例もあります。
(昭和58年6月14日、神戸地裁赤石支部決定)
2006/06/21 (水) 09:07:07 | URL | ポン太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。