自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産を上司に報告 3-2
(つづき)
 これから自己破産の手続きを一人しなきゃならない。まず、裁判所に書類をもらいに行っって、必要な資料を集めないといけない。

借金をいつから借りたとかいくら借りたとか、どこで借りているかとか、何のために借りたのかとかを書き込んだりとか銀行通帳のコピーだとか、山ほどやることがある・・・
1日じゃ終わらない。でも早くしないと借金返済日の月末がくる。取立てがくる。それまでに済ませたかった。

もう一円も払う金がない。滞納したら取立てが来る。怖い。

ちなみに借金は600万だが、この時まで一度も滞納していなかった。取立てが怖くてずっと自転車操業を繰り返してた。

取立てのイメージはTVなどの影響で、勝手に「金返せんのやったら、内臓でも売って返してもらおうか」という怖い脅しをされると思っていた。実際後ほど体験する取立ては、脅しではなかったけど、かなり精神的にきついものだった(この内容はまた後で書きます)。

話をもどして。月末までに手続きを済ませるには、会社を4~5日休んで平日にやるしかなかった。内の会社は有給休暇なんかあってないようなものだったから、普通には使えない。ずる休みは気が引ける。

上司に事情を説明するしかないと思った。という訳で、支店長に直接話をした。かなり驚いていたが、休みを取ることができた。それから5日間で資料を作成し、裁判所に提出した。仕事より忙しかった。

 これでどうにか月末にまにあった。これで、月末がきても取立てがくることはないと思って安心した。ところがそれは大間違いだった。その後取立てはやってきた。会社にもばれた。「あれっ?自己破産を申し立てたら取り立てって来ないんじゃないの?どういうこと?」お先真っ暗・・・(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。