自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁護士に「自己破産したほうがいい」と言われる。
いつも「離婚・自己破産からの再出発」にご訪問頂きありがとうございます。


今日も過去体験記の追記で、昨日(前回)のお話の続きを書きます。

・・・その弁護士会館で一人の弁護士を紹介してもらって、弁護士に会いに行きました。

その日の午後、30分間の面談の約束でした。

隣駅から徒歩5分のところに雑居ビルがあり、その2Fに弁護士事務所はあります。

小さな事務所で、TVで見るような事務所の革張りのソファーや椅子があるといった豪華さや、法律書がずらっと本棚に並んでいるということはありませんでした。
ほんと、ただの事務所といった感でした。

中に入ると、受付のおばさんが一人いまして、要件を伝えると、少し待たされました。


振り返ると、ここまで(こうして弁護士に相談にくるまで)くるのに、かなり遠回りをして、無理をしてきました。

今思えば、よく自己破産を決意したなと思います。悔しい思いもしました・・・(過去体験記に書いたことですので、ここではその内容は省略させてもらいます)。


そして、その事務所はそのおばさんと弁護士だけでした。

やっと弁護士と面会です。

弁護士は50歳位の男性でした。

名刺をもらい、挨拶をして事前に用意した借金リスト(前の記事で説明したもの)を弁護士に見せました。

そして、10秒程して即答でした。

「自己破産したほうがいい」

と一言。

念のため、「任意整理は出来ないか?」と聞きましたが、やはり自己破産したほうがいいとの返事に変わりはありませんでした。
(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。