自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産は家族や会社にわからないか?
まずわからないと言ってよいでしょう。

弁護士に依頼をしたケースをかんがえてみます。

弁護士が手続きを進めると、各債権者からの督促や取立てはなくなります。

通常、裁判が終わるまで。

また、その後ももちろん取立ては来なくなります。

公になるものとしては、官報に掲載されることです。
官報というのは、政府が発行する新聞のようなものです。

これは、日本全国のだれでも見ることが可能です。

しかし、日常生活の中で、ごく一般の人がこの官報を見ることはまずありません。

このブログを見ているあなたはどうでしょう?

恐らく、見たことはないのではないでしょうか?

したがって、まず自己破産したとしても、それが他人にばれることはまずないといってよいでしょう。


自分で自己破産をするケースにおいても、同様に問題はないとおもいます。

他の自己破産サイトの管理人さんからも、問題はなかったとの報告を受けています。

しかし、・・・

そう説明する私自身。

私は自分で自己破産をいたしましたが、私の場合は例外のようです。

過去の体験記に書いたとおり、取立てがり、給料差し押さえがあり、会社や同僚に、私が自己破産したことがわかってしまい、いろいろなトラブルが発生してしまいました。

ですので、私の経験を一例とするならば、もしあなたが自分で自己破産する場合には、私が負ったリスクはありうるかもしれないことは、可能性として考えられたほうがよいと思います。

そうはいっても、私の場合はやはり例外で、自分で任意整理の交渉を消費者金融に直談判しにいったり、同僚に自ら話した経緯などもあり、やはり例外の例外といえるかもしれません。

ですので、通常は自己破産は他人にはわからないと認識しておいてよいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。