自己破産からの再出発~体験記~
借金600万円の自己破産体験記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士は法律相談できるのですか?
まぁさんからコメントを頂きました。
ありがとうございます。

そのコメントの紹介とご返答をこの記事内でしたいと思います。

またこのコメントは 「自己破産せず消費者金融の借金返済をする。3」の記事内で頂いたコメントの第二コメントとして頂戴したものです。
話がつづいていますので、前回のコメントを読みたい方は、上の記事内を閲覧下さい。

 
コメントの内容
「難しいですが・・」まぁさんより
文書作成にまつわる相談として、債務整理の件で行政書士に相談するのは問題はないと思います。一般の方は、債務整理全般を行政書士ができると思っている方が多いことです。最初から最後までを委任できると思っているということです。ですので、基本的にはできないという書き方をしたのですが。
法律相談として尋ねるのは、弁護士・司法書士になるのではないかと思います。債務整理の場合は。
私は特定調停をしたものですが、相談は裁判所でしましたので、相談料等はかからずに済んでいます。


自己破産せず消費者金融の借金返済をする。3
前回お話した債務整理のしくみと方法について、今日はそのうちのひとつである

「特定調停」

について、お話したいと思います。

特定調停などというとなんだか堅苦しいのですが、特定というのは「特別な」というくらいの意味と受けとればいいと思います。

調停というのは、裁判所が、自分と相手(債権者など)の間を仲介して、話の折り合いをつけてくれるといったところでしょうか。

つまり「特定調停」というのは、一種の債務整理の方法であって、返すのに毎月の返済が大変なので、毎月困らず返済(余裕をもって)できるように、裁判所が相手の債権者に話をして、毎月の返済額等を減額したりしてくれることです。

通常の債務整理というものとの大きなちがいは・・・
自己破産せず消費者金融の借金返済をする。2
前回の続きですが、


よって、先に述べた

「なぜ、返済の金額を減らすことができるのか?」

という疑問の答えは、・・・・

元金が減るのではなくて、その払わなくていいはずの、今まで、またこれからの金利の返済金を調整するということです。

つまり、払う必要のなかった、でもすでに今まで払ってきた金利分の返済金を改めて計算し直して、払いすぎている分を返してもらう。そして、これからの未来の返済していくお金の金利を正しい妥当な範囲内の金利に計算し直して、返済予定を組みなおす。
自己破産せず消費者金融の借金返済をする。1
あちこちの消費者金融からの借金が多くなってきて、その借金返済が大変になってくると、その後借金を返済していく方法は三つ。

①収入(給料)をUPさせる。

②他の消費者金融から更に借りる(自転車操業)。

③第三者に助けてもらう。

などであろう。

①は実際難しい。それが簡単にできればそもそも借金など無い。

②は悪循環を生むだけで、自己破産への道となる。

③は家族等であるが、無理なことも多いだろう。そうすると、最終的に公的な機関(第三者)を利用するのが最善かと思われる。

その方法は、いわゆる債務整理といわれるものである。

ここでいう公的な機関とは、


弁護士の選び方。
借金問題で、弁護士はどう選べばよいのか?

これは、フィーリングが合えばよいと思います。

なんとなく軽い答えのようですが、これはとても大事です。

つまり弁護士とて人間です。馬が合う合わないはあります。債務整理の実行ともなれば、自分の分身となって動くのが弁護士です。

しかし、法律に素人の一般人が弁護士をどう選べば良いかなんてわかるはずがありません。

ここは、やはり、この人(弁護士)なら信用できる、任せられると思った弁護士に依頼するべきでしょう。

なんか信用できない、任せられないと思ったら、依頼しなければいいだけのことです。

copyright © 2005 自己破産からの再出発~体験記~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET

Google
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。